歯周外科処置で「大切な歯」を残す—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

歯周外科処置で「大切な歯」を残す-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間
ネット予約

歯周外科処置で「大切な歯」を残す-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間ネット予約

歯周外科処置で「大切な歯」を残す

歯周病の進行により、歯を失うことがあります

歯周病は歯周病菌によって歯を支えている周囲組織(歯槽骨や歯根膜)が炎症を起こし、結果的に歯の支持を失う病気です。

初期から中等度までの歯周病であれば基本的には口腔内の清掃と歯石除去によって治療可能です。しかし、症状が重くなった場合、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けてしまうこともある疾患です。

歯周病の治療は一般的に検査を行って歯周病の進行度を調べます。次に歯みがき指導や歯石の除去を行う流れとなりますが、歯周病が歯石除去等の初期治療では改善しなかった場合は歯周外科処置を選択する場合があります。

チーム医療で歯周外科処置を成功へ導く

中~重度の歯周病の治療は、歯周基本治療に加え、手術を伴う歯周外科治療が行われます。

歯周外科治療にはさまざまな種類がありますが、歯周病の進行をくい止めるだけでなく、本来の構造や機能に戻すことを目的とした治療などもあります。

当院では以下のような歯周外科治療を行いますが、いずれの処置においても各スタッフの連携が必要不可欠です。

術者の診断力や技術力はもちろん重要な要素ですが、患者さまとの関係性を含めて術前術後のトータルケアが歯周外科処置の成功の大きなカギとなります。

そのためには歯科医師だけでなく、患者さまの術前術後の口腔ケアを担う衛生士、体調やメンタルまで配慮するアシスタントなどが同じゴールを共有して協力する必要が生じます。

当院ではスタッフ全員が参加する定期的な勉強会などでこの目的を共有し、各スタッフが研鑽することによって歯周外科治療の効果を最大限に発揮できる強みがあると自負しています。

当院の歯周外科処置

患者さまの大切な歯を残すため、当院では以下の治療法を実施しています。

1.虫歯の進行が大きく、他院で抜歯するしかないと言われた

歯肉弁根尖側移動術(しにくべんこんせんそくいどうじゅつ)

付着歯肉の増加や歯周ポケットの除去を目的とした切除療法

歯肉弁根尖足移動術症例01-治療前
歯肉弁根尖足移動術症例01-治療後

2.歯肉が下がってブラッシング時に痛みがある

遊離歯肉移植術(ゆうりしにくいしょくじゅつ)

丈夫な歯肉のない部分に、角化歯肉を移植してブラッシングしやすい環境を作る歯周外科処置

離歯肉移植術症例01-治療前
離歯肉移植術症例01-治療後

3.歯肉が痩せてきた、下がってきた

結合組織移植術

歯肉が退縮して、歯根が露出している部分を覆う手術

結合組織移植術-治療前
結合組織移植術-治療後

4.歯がぐらついて噛みづらい、腫れが治まらない、歯周病の進行により他院で抜歯するしかないと言われた

歯周組織再生療法

歯周組織再生材料を用いて、歯槽骨の再生を目的とした歯周外科処置

歯周組織再生療法 症例01

患者さまの大切な歯を残すため、当院では以下の治療法を実施しています。

関連ページリンク