ブログ—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

「かなもり歯科クリニック」医院ブログ

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

歯周病を悪化させる原因は??


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科助手

荒井です

 

こんにちは☀︎

 

新型コロナウイルスの感染者数も少しずつ減ってきましたが

皆さまお変わりないでしょうか

 

 

 

今日は歯周病を悪化させる原因の1つ、喫煙についてお話したいと思います!!!

 

 

 

喫煙者が歯周病になりやすい原因として

 

①タバコを吸うことで歯茎の血行が悪くなり、

歯茎に酸素や栄養が行きわたらない

 

②歯茎の抵抗力が弱まってしまい免疫力が低下する

 

③唾液の分泌量が減ってしまい、

プラークや歯石が付きやすくなってしまう

 

上記の3点が主な理由として上げられます

 

 

 

 

タバコを1日に10本以上吸う方は吸わない方よりも

約5倍歯周炎になりやすいと言われています。

喫煙者の方は歯周病に気付きにくく、治りにくいそうです

 

 

 

また喫煙は将来、寿命が縮んでしまったり

病気になるリスクも高くなってしまいます

 

現在では、内科クリニックで禁煙外来もあり、通っている方も少なくないそうです

 

ご自身の身体と口腔内を守っていきましょう!

 

 

 

今季も当院ではハロウィンの飾りつけを行いました🎃

院内がハロウィン仕様になっています!

ぜひご来院時にはチェックしてみてください(^^)/

 


歯科用ルーペ


 

品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科衛生士

柳原です

 

だんだんと肌寒さを感じる季節となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか

 

 

 

本日は患者様から質問があった歯科用ルーペ(拡大鏡)についてお話ししたいと思います

 

当院ではほとんどの治療にこの拡大鏡を用いています

 

 

拡大鏡を使用するメリットとして、裸眼では覗き込んでも中々見えづらいものが容易に見えるようになります

 

 

小さい虫歯や細かい歯面のヒビにも気付くことができ、歯石やプラークも過度に器具を当てず効率よく除去することができます

それにより治療全体の精度を上げる事ができ、長期的に安定した予後を得ることが出来ます

 

 

 

 

 

実際に裸眼で歯石除去を行った後に拡大鏡で確認すると小さい歯石の取り残しがあった時にショックを受けたのを覚えています

拡大鏡を使うのと使わないとでは治療のクオリティーも大きく変わるんだなと実感しました

丁寧な診療をしたい、歯科衛生士業務のクオリティーを上げたいという想いを大切にして、これからも拡大鏡と共に成長していきたいです

 

 

 


当院のInstagramができました!!


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科医師

金森行泰です

 

当院のInstagramができました
毎日症例について投稿させていただいております
ご覧いただき,登録・いいね!いただけると大変励みになります
お手数おかけして申し訳ありません
よろしくお願いいたします!

 

当院Instagram

https://www.instagram.com/kanamori_dental_clinic/

 

 

 

 


LINE公式アカウントができました!


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科医師

金森行泰です

 

かなもり歯科クリニック公式LINE

https://lin.ee/7xCCr1H
このURLをタップまたはクリックすると
かなもり歯科クリニック公式アカウントを友だち追加できます

初診・再初診のご予約は今まで通り
https://apo-toolboxes.stransa.co.jp/user/web/235/reservations
こちらのリンクで承らせて頂いております

よろしくお願いいたします

#公式ライン #公式ライン始めました
#公式ラインアカウント#日本歯周病学会
#歯周病専門医 ⠀
#歯周病指導医
#日本歯周病学会研修施設
#東京#品川 ⠀#品川区 ⠀#新馬場 ⠀
#歯科#歯医者
#かなもり歯科クリニック


第41回院内実習


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科医師

正島です

 

 

 

7月下旬、長い梅雨がやっと明けたかと思えば連日の猛暑日、、ほんとに暑いですね!

コロナ禍、マスクをつけた状態での外出は本当に大変ですよね

 

 

 

かなもり歯科に来院される皆様も熱中症には十分気をつけて、こまめに水分をとって無理せずご来院いただきたいと思います

 

 

 

 

今回の院内実習報告、内容は「咬合診査の説明と診査資料採取(フェイスボウトランスファー)の実習」でした

 

 

 

当院では単に虫歯や歯周病の歯を直すだけでなく、口腔内全体を考慮し、より長期的な視点に立って治療を行う「総合治療」を希望されて来院される患者様も多くいらっしゃいます

 

 

 

 

このような方々にはまず、一般的な諸診査に加え、現在の噛み合わせが顎関節の安定した、体にとって無理のないリラックスした顎の位置からずれていないかを調べる「咬合診査」を行う必要があります

 

※咬合診査の詳細はこちらを参照ください

 

 

 

 

今回はこの咬合診査を行い、その後実際に総合治療を行なった症例を用いて、咬合診査の意義や有効性を院長より解説していただき、

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、咬合診査の1項目であるフェイスボウトランスファーの意義、やり方をスタッフ全員で確認、共有した後、最後に実際にこのフェイスボウトランスファーを相互実習するという流れで進めていきました

 

 

 

 

 

 

 

 

総合治療の考え方や治療方法は一般的な歯科治療に比べ、より高度な知識と技術が必要とされるため、どこの歯科医院でも行なっているというわけではなく、患者である皆さんにとってもあまり馴染みのない考え方や説明になると思います

 

 

 

ですが今回の実習で学んだことをしっかりと理解し、なるべくわかりやすくスタッフ全体でも説明できるようにしていきますのでこの総合治療に関して興味、希望のある方はぜひご相談ください!!

 

 


12345...102030...