ブログ— ページ 3 / 146—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

「かなもり歯科クリニック」医院ブログ

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

歯周組織再生療法 


重度の歯周病も条件を整えることで

歯周組織再生療法を行うことができます

 

初診時は排膿・出血がひどく

ご本人も非常にそれを気にしていらっしゃいました

 

 

 

 

 

下記の写真は本日術前の口腔内写真です

初診時に比べ炎症もおさまり,プラークコントロールレコードも

非常に頑張っていただけて,15%前後まで低下しました

 

 

 

 

切開は歯間乳頭を可能な限り温存するため,眼科用のメスを用い

丁寧に剥離,汚染物質の除去を行います

その後,再生療法材料を塗布・重度の骨欠損部位は合わせて骨補填材の充填も行いたしました

 

 

 

6-0モノクリル縫合糸にて丁寧に縫合をおこない,

プロビジョナルを装着し,可能な限り再生療法を行った部分に

咬合力がかからないように処置し,終了となります

 

 

 

 

 

矯正治療もあり,治療が終了するまでにしばらくかかりますが

お付き合いいただければと思います

 

本日はT様お疲れさまでした!


第36回院内実習


寒い日が続く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか

 

 

今回は先日行った口腔内写真撮影の実習についてお伝えいたします

 

 

口腔内写真の意義と実習に関しては以前のブログでもお伝えしたことがありますが

規格化した口腔内の写真を撮影して記録として蓄積することは

患者様の治療の上で大きなメリットとなります

 

 

今回もソーシャルディスタンスに配慮し、各ユニットに分散してスライドをみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔内写真撮影には鏡や器具を扱うアシスタントの役割も重要ですので、

それぞれの役割を交代したり模型を使ったりしながらトレーニングを行いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性スタッフにとっては特に、一丸レフカメラの重さは撮影数が増えるほど応えます…

 

 

 

患者様にとっても、口の中を撮影されるということは決して楽なことではないので

出来る限りスピーディかつ正確に撮影が行えるようにスタッフ一同精進したいと思います

歯科医師 林

 


第35回院内実習


みなさんこんにちは!!年が明け、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが効かない状況ですが、こんな時こそ自分に何ができるか一人ひとりがしっかり考え、責任ある行動をとっていきたいですね!

 

そのような状況下であることも考慮し、今回の実習は院内にいながら一人ひとりが別々のユニットでモニターを見ながら、リモート形式で行いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の内容は歯周病を診査する上で必ず行う「プロービング」の意義や正確な手技、計測したプロービング値(ポケットの深さ)をどう評価するかなどを根拠となる論文を用いて、医学的根拠(エビデンス)に基づいたプロービングを医院全体で行っていくことを目的に講義形式で行いました

 

 

 

 

 

 

 

具体的には歯周病で歯周組織(歯肉や骨)が破壊された部位の歯と歯肉の溝の深さを計測したり、歯肉からの出血や、歯石の有無などを調べ、歯肉の状態を調べる検査のことをプロービングといいます

 

 

プロービングで測った溝がどのような状態なのか、なぜ炎症が起こると溝が深くなるのか(溝の中で何が起こっているのか)、計測値の術者間、術者内誤差はどの程度あるのか、歯肉からの出血があれば歯肉炎と診断して良いのかといった疑問点について

 

 

その答えと、根拠となる論文を提示してプロービングで導き出した値が何を意味し、それをどう評価すれば良いか学び、実際の臨床現場での応用の仕方についてスタッフみんなで議論し、最後にかなもり歯科クリニック全体で共通の認識を持ってプロービングが行えるよう話し合いを行っていきました

 

 

 

 

今回リモート形式の実習をするにあたり院長が様々なリモート用の器具を準備し、セッティングしていただいたことで比較的スムーズに講義を進めることができました!

 

 

 

 

 

 

 

しばらくはこのような形式の実習が増えていきそうですが、早く普通の日常、普通の実習ができる日が来るといいですね!

 

 

 

歯科医師 正島


診療について


こんにちは!

寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

 

今週はお正月休みも終わり、学校や仕事始めの方が多かったかと思われます。

また忙しい日々が始まりましたが体調には十分お気を付けください。

 

昨年は、新型コロナウィルス感染拡大で不安の中で

ご来院いただいた患者様には心より感謝申し上げます。

 

年が明けて一週間が経ちましたが、今年もまだ不安な日々が続きそうですね。

当院では今までもお伝えしている通り、今年も引き続き感染予防を徹底し

患者様に安心して通っていただけるよう努めてまいります。

 

診療も通常通り行っておりますのでお気軽にお問い合わせください!

早く健やかな日々になることを願うばかりです。

 

 

衛生士 岡澤


あけましておめでとうございます


新年あけまして

おめでとうございます

 

本年もスタッフ一同

心よりお待ちしております

 

 

皆様にとって2021年が素晴らしい年に

なりますよう心よりお祈り申し上げます