歯肉弁根尖側移動術—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

歯肉弁根尖側移動術-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間
ネット予約

歯肉弁根尖側移動術-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間ネット予約

歯肉弁根尖側移動術(しにくべんこんせんそくいどうじゅつ)

歯肉弁根尖側移動術とは?

歯肉弁根尖側移動術とは、歯周病を治すために行う歯周外科手術の1つです。

歯肉の位置を下げることで、角化歯肉と呼ばれる硬い歯肉を保存したまま、歯周ポケットを除去し付着歯肉(歯についている歯肉))を維持・増大させる治療です。

また歯冠長延長術(しかんちょうえんちょうじゅつ)という、歯肉の上に十分な歯質がない場合に外科的に骨と歯肉を後退させる必要があるときに、この歯肉弁根尖側移動術がよく適用されます。

歯肉の上にある歯の量が増えることで、歯の土台が大きくなり被せ物や修復治療が安定します。

 

歯肉弁根尖側移動術のメリット

  • 歯周ポケットを除去することができる。
  • 生物学的幅径を得ることができる。(歯肉が歯周病になりにくい状態に出来る)
  • 治癒後の辺縁歯肉(歯肉の歯と接するフチ)の位置が安定する。
  • 付着歯肉(歯にくっついている歯肉)を維持または増大できるのでポケットが浅くなる。
  • 歯肉の中まで、あるいは骨の中まで進行した虫歯の位置を、歯肉の位置を下げることにより虫歯を露出・削り取ることが可能になる。
  • 歯肉の位置をそろえることにより、バランスの整った審美的な歯肉のラインをつくることができる。

歯肉弁根尖側移動術の治療の流れ

  • STEP1
    歯肉の切開

    麻酔をしたら、手術部位の歯肉を切開し、歯肉を歯と骨から剥離します。

  • STEP2
    歯垢、歯石、細菌に感染した組織をきれいにする

    露出した歯の根についた歯垢や歯石を、専用の器具で除去します。また、細菌に感染した肉芽やセメント質を丁寧に取り除きます。

  • STEP3
    切開した歯肉の先端を根尖側に移動させて、縫合

    歯肉の位置を骨頂まで押し下げ、歯肉を骨膜と縫合して位置を固定します。その後、歯肉の弁を周囲の組織と丁寧に縫合していきます。

  • STEP4
    歯周組織の回復

    歯肉は歯冠側方向に向かって治癒していき、歯周ポケットの無い良好な状態になります。

歯肉弁根尖側移動術のリスク・副作用

  • 歯肉弁根尖側移動術は歯肉を下げ、歯根が露出する形となるため、審美性を損なう可能性がある。
  • 手術を行う歯の神経が生きている場合は、歯根が露出することで術後に知覚過敏が起きることがある。知覚過敏は時間の経過とともに緩和される。
  • 大きく露出した歯根は以前より虫歯や歯周病になるリスクも高くなる。
  • 術後は歯間ブラシを用いた歯みがきを徹底し、より丁寧な口腔内の清潔を保つ口腔清掃が求められる。患者さまへのブラッシング指導もしっかりと行わせていただきますのでご安心ください。

もう抜くしかない?それでも抜きたくない
インプラント・入れ歯は避けたい方へ

関連ページリンク