ダイレクトボンディング—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

ダイレクトボンディング-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間
ネット予約

ダイレクトボンディング-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間ネット予約

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは?

ダイレクトボンディングとは、白い詰め物を歯に直接(ダイレクト)接着する(ボンディング)技術を用いて歯を修復する治療法のことです。

審美性の高い修復用プラスチックを直接歯に盛りつけていき、天然歯のような美しい色調や本来の歯の形態を回復します。

ダイレクトボンディングは、前歯の「すきっ歯」が気になる方や、虫歯治療跡を自然に美しく修復したい方、現在の金属の詰め物を白くしたい方、それぞれの症状の改善に適した治療法です。

ダイレクトボンディングのメリット

健康な歯を極力削らずに治療できる

虫歯が進行して大きくなっていくと、通常はインレーという型を取って作る詰め物が治療の選択肢になってきます。

このインレーは「歯科用セメント」と呼ばれる接着剤を介し歯に取り付けます。

インレーが外れないよう、しっかりとはまる削り方をするので、虫歯ではない健康な部位も大きく削らなくてはならない点がデメリットです。

一方でダイレクトボンディングは、歯科用の顕微鏡や拡大鏡を用いて削る量を可能な限り小さくすることができます。また、歯に直接詰め物を詰めるため健康な部位を削る必要はありません。

劣化のリスクが少ない

一般的な保険のレジンは最初ペースト状ですが、青い光を当てることで固まり、この際わずかに収縮します。

つまり歯に詰めたとしても、固まる際に収縮するため隙間ができ、この隙間が原因で劣化していきます。

ダイレクトボンディングで使うレジンは、保険のレジンよりも収縮率が低いものを使用します。また何層にも分けて詰めるため、総合的に収縮率が低くなり劣化のリスクが下がります

さらに保険の詰め物よりも硬いため、破折するリスクも低くすることができます。

自然な歯の色に仕上げられる

ダイレクトボンディングで使用する詰め物は、保険診療で使用する白い詰め物と違いセラミック粒子の含まれているハイブリッドの詰め物です。

透明度や色調に優れているため、ご自身の歯と見分けがつきにくい仕上がりにすることができます。そのため、審美目的でも有利です。

前歯のすきっ歯などに有効

前歯の隙間・欠けを白い歯にしたい場合、ダイレクトボンディングは有効です。隙間のある部分にレジンを詰めることで、見た目は自然な仕上がりで隙間を埋めることができます。

しかし隙間がある程度大きい場合は、ダイレクトボンディングより他の治療の方が向いていることもあります。

1日で治療が完結する

ダイレクトボンディングは金属や他の素材の被せ物のように、型取りして整形する必要がないので、1〜2時間ぐらいの治療で完了します。そのため他の治療がなければ、通院は1〜2回で終了します。

ダイレクトボンディングのデメリット

口腔内の状況によって適用できないことがある

ダイレクトボンディングをする際に大事なことは、治療中の歯に唾液が混入しないようにすることです。そのため奥歯などで唾液の進入を防ぐことが困難な場合は、適用できないケースもあります。

またあまりにも歯の欠損が大きい場合は、ダイレクトボンディングで修復できないため、他の治療法をご紹介することもあります。

長期経過により変色することがある

保険のレジンとは異なり、ダイレクトボンディングは耐久面や審美性でより優れています。しかし、レジンである以上長年使用すると着色のリスクがあります。

また、食事の好みや噛み合わせの個人差によって変色や耐久性等の寿命は変わります。一般的には5年前後を目安に考えておきましょう。

ダイレクトボンディング治療の費用

ダイレクトボンディングは、保険治療適用外のレジンを使用するため自由診療となります。

 

治療費用は30,000~50,000円、治療部位や治療する範囲、治療の難易度によって異なります。

関連ページリンク