結合組織移植術—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

結合組織移植術-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間
ネット予約

結合組織移植術-品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

03-3450-6480
24時間ネット予約

結合組織移植術

結合組織移植術とは?

歯周病が進むと、歯を支えている歯槽骨が少なくなりますので、その上にある歯肉もいっしょに下がってきます。 また、歯周病でなくても、年齢を重ねるにつれ歯肉は下がりますので、歯と歯の間の歯肉に隙間ができて虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

結合組織移植術は、歯肉を上顎の裏から採取して歯肉が下がった部分に移植することで、見た目を元の若々しい状態に回復していく治療法です。

当院では、まず歯肉が下がった原因を特定し、原因に合わせた適切な治療法を選択しています。そのため、最終的な仕上がりの美しさと長期的に良好な予後が期待できます。

結合組織移植術の対象となる症状

歯周病や歯の破折などが原因で、部分的に歯肉が足りなくなってしまった方に有効です。歯を抜いたあとに歯肉が陥没してしまった方には、陥没した上皮の下に結合組織を移植し、陥没部分の歯肉をボリュームアップすることができます。

歯ブラシ圧が強すぎて歯肉が下がっている場合は、歯ブラシ圧を改善しても歯肉が元の位置に戻らない方のみ適用となります。持病のある方は、担当医師と当院が連携して手術を行えるかどうか判断しますので、あらかじめご相談ください。

結合組織移植術のメリット

部分的に歯肉のボリュームを回復したい場合に、非常に効果的です。

結合組織移植術は、移植片に上皮が含まれていません。そのため、遊離歯肉移植術と比較して仕上がりが自然になるのが特徴です。

また、移植した歯肉は周囲の組織に生着しやすいため、治療成績が良好です。

結合組織移植術の治療の流れ

  • STEP1
    歯肉を採取

    上顎の裏から結合組織を採取します。麻酔後に採取すべき歯肉の大きさや厚みを確認し、採取する予定の歯肉にマーカーで印をつけます。その印に沿ってメスで歯肉をカットします。上皮をメスで外し、慎重に結合組織だけを採取します。

  • STEP2
    歯肉の移植

    移植先の歯肉を、採取した移植片が置けるように切開、剥離します。採取した歯肉を、歯肉が痩せている場所の上皮と骨の間に挟み込み、縫合して動かないように固定します。

  • STEP3
    傷の保護

    上顎の傷口は、傷口の保護と治癒の促進を目的にシーネと呼ばれるマウスピースのようなプラスチックカバーを装着します。傷がある程度治るまで、そのまま1~2週間程度様子を見ていきます。最後に糸を抜いて、経過観察を行います。

結合組織移植術のリスク・副作用

喫煙をしている場合には術後の傷の治りが遅くなり、移植した歯肉がうまく定着しない可能性があるので、禁煙をお願いしております。

歯肉を移植するため、上顎と移植する側に傷が2か所できますが、傷口をシーネと呼ばれるカバーで保護し、痛み止めを処方します。

また多量の歯肉を採取することは困難なため、症例によっては適用できないケースもあります。ご自身が結合組織移植術を受けて良い状態にあるかどうかを確認したい方は、ぜひ当院にご相談ください。

関連ページリンク