ブログ— ページ 6 / 147—品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

「かなもり歯科クリニック」医院ブログ

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

だんだん寒くなってきました


こんにちは!

またコロナウイルスの感染者数も増え始め

不安な日々ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

だんだん寒くなりコロナウイルスだけでなく

インフルエンザも増え始める季節になりました。

しっかりと予防、対策をして感染も防ぎましょう

 

 

感染予防のポイントは「正しい手洗い」

病気を引き起こす感染症の多くは「手」を介してウイルス・菌が体内に侵入し、発症するといわれています。風邪・インフルエンザを予防するためにも、特にトイレ後・食事の前・外出後は、必ず手を洗いましょう

 

 

 

こまめに水分補給をする

のどや鼻の粘膜にある「線毛せんもう(繊毛)」には、ウイルス・菌を体内から排出させる役割があります。体内の水分量が減ると線毛(繊毛)の乾燥を招き、線毛運動が鈍くなってしまいます。こまめな水分補給を心がけてウイルスの侵入を防ぎましょう

 

 

20分おきの水分補給が効果的!

インフルエンザウイルスが、のどや鼻の粘膜にある感染部分に到着してから細胞内に侵入するまでに、最速で20分といわれています。

そのため、20分おきに水分補給をすることにより、感染部分についているウイルスを洗い流してしまおうということです。ウイルスは消化器官内に入ると分解されるので、感染・増殖することはありません。

 

 

ビタミンDパワーで免疫力をアップ

ビタミンDは体内の免疫バランスを良好に保ち、風邪やインフルエンザにかかりにくくなることで今、世界的に注目されています。

 

 

ビタミンDの摂り方

 

適度に日光浴をする

日光を浴びると体内でビタミンDがつくられます。紫外線が気になる方は、手の平だけでもよいので、適度に日光を浴びましょう。冬場は1日に計60分、春夏秋は、計510分が目安です。

 

食事やサプリメントで摂る

ビタミンDは、イワシ・鮭・サンマ・サバ・きのこ類や卵に多く含まれています。熱に強く、油と一緒に摂ると体内への吸収率が高まるため、炒め物や揚げ物がおススメです。

 

 

とにかく十分な睡眠をとる

睡眠はウイルスと闘うために必要な体内の免疫力を高めてくれます。睡眠時間は8時間以上を目安に早めに布団に入りましょう

 

 

口腔ケアで感染対策

 

歯磨きやマウスウォッシュなどで口の中の雑菌を除去すると、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスの増殖を防ぐことができるといわれています。

きちんと予防、対策を行なってインフルエンザやコロナウイルスの感染を防ぎましょう

歯科衛生士 中島


検温器が新しくなりました!


こんにちは!

寒さがだんだんと冬に近づいてきましたね。

皆さまお変わりございませんでしょうか?

 

本日は当院に新しく導入されました検温器をご紹介致します!

 

 

お店などで皆さんもよく目にする事が多くなったのではないでしょうか?

顔を鏡のように移すだけで検温がスムーズに行える機械です(*^-^*)☆

こちらの機械を使う事でスタッフとの接触をなるべく避けた状態での検温を行えます。

 

 

当院ご来院の際は、

検温器での検温 ⇨ 診察券アプリのチェックイン

⇨ 手洗い・消毒 ⇨ 感染予防アンケートのご回答

の順でご案内を進めております。

 

患者様には治療行う上でお時間頂きますが、

皆様が安全に治療を行えますようスタッフ全員で努めて参ります。

ご協力の程宜しくお願い致します。

 

 


Happy Halloween🎃


こんにちは!

 

今年もハロウィンの時期がやってきましたね👻
ハロウィンはヨーロッパで始まり、その起源は秋の収穫のお祝いと悪霊を追い出す行事のことなんだそうです☺︎

 

 

仮装をするのには、悪霊や魔女が人々を襲うと信じられていたため、人間だと信じられないようにするために魔女や魔物に仮装したそうです。
同じような格好をしていれば仲間だと思わせることができ、自分の身を守っていたと言われています。

 

当院もドアや水槽の中がハロウィン仕様になっていて凄く可愛いらしいです(≧∇≦)

 

イベントごとに飾りつけなど変化しているので次回来院した時にはそちらにも注目してみてください!!!

 

 

歯科助手 荒井


【マウスピース矯正中の患者さまへ】EasyLiftについて


こんにちは!

 

今回のブログでは、ご自身でマウスピースを外すときにお使いいただく“EasyLift”の

使用方法・お手入れ方法についてお伝えします

当院でマウスピース矯正中の患者様に参考にして頂けたら幸いです

 

EasyLiftとはマウスピース矯正の方へ最初にお渡ししている”銀色のリムーバー”です

↓EasyLift↓

 

【外し方】

↓写真のように装着しているマウスピース上部と奥歯の間にカギの部分をひっかけます↓

 

◇ポイント1:一度に力を入れて外すのではなく、左右交互に繰り返しながら外す

◇ポイント2:左右の奥歯の上部にひっかけて、歯列に対して垂直に引くイメージで外す

 

【お手入れ方法】

つぎにお手入れ方法です

やわらかい素材のもので水洗いをした後、乾燥させてください

◇注意点1:金属たわしなどを使用すると傷がつく恐れがあるため避ける

◇注意点2:家庭用洗剤・次亜塩素酸ナトリウム・その他各種消毒剤は使用しない

 

以上EasyLiftの使用方法とお手入れ方法でした

ご不明点・気になる点などございましたらお気軽にスタッフまでお尋ねください(^^)/


第33回院内実習


秋も深まり肌寒さを感じる季節となりましたが皆様お変わりないでしょうか

 

今回はインプラント実習3回目にして最後のテーマとなります、ソケットリフトの模型実習を行いました

 

 

ソケットリフトとは上顎の骨の量が少ない方のインプラント埋入の際に行われる骨造成手術の1つです

 

 

上顎洞という上顎の骨の上にある空洞を押し上げ、そこに人工骨などを補填してインプラント を埋め込めるようにします

 

 

 

前回行ったサイナスリフトは歯茎の横から上顎洞を持ち上げるのに対し、ソケットリフトは歯の生えていた部分からアプローチしていくところが大きな違いです

 

 

サイナスリフト

 

 

ソケットリフト

 

 

 

サイナスリフトに比べて治療の傷口を小さくできたり、インプラント埋入を同時に行える、外科手術が比較的簡便に行えるなどのメリットがある反面、骨造成に必要な部位が広範囲に及んでいたり、ある程度自身の骨の高さ(通常5㎜以上必要)がない場合はこの手術の適応とはなりません

 

今回は上顎洞粘膜を水圧によって挙上させるハイドロリフトシステムを用いた実習を行いました

 

 

このようにして上顎洞粘膜を挙上してできたスペースに骨補填剤を充填し、インプラント体を埋入していきます

 

 

「私は骨が少ないからインプラントはできないと言われました」とおっしゃてインプラント治療を諦めてしまっている方も時々いらっしゃいますが、今回のような骨造成手術を併用することでご自身の骨量が少なくても、多くのケースでインプラント埋入が可能となります

 

インプラント治療が可能かどうかはCT撮影など精密な検査を基に、詳細な治療計画を立案し、患者様に十分ご理解をいただいた後に行って参りますので、当院でのインプラント治療をご希望の方は是非まず一度ご相談ください

 

 

歯科医師 正島


...45678...203040...