16.予防歯科 : 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

洗口液『ハビットプロ』について


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科衛生士

岡澤です

 

こんにちは!

そろそろ関東も梅雨入りしそうな気配ですね。

皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか?

 

 

本日は洗口液についてお話させていただきます!

みなさま、CMでもお馴染みのモンダミンをご存知でしょうか?

先日、モンダミンの製造販売元のアース製薬の方に来ていただき、

歯科医院専売品として発売された『モンダミンハビットプロ』

についてのお話を伺いました。

 

 

まず、配合されている薬用成分についてお話します。

①殺菌成分CPC(塩化セチルピリジニウム)

口腔内の原因菌を殺菌し、歯こうの付着を防ぐ

 

②抗炎症成分GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)

歯ぐきの腫れと炎症を防ぐ

 

③出血予防成分TXA(トラネキサム酸)

歯肉炎による歯ぐきからの炎症を防ぐ

 

 

以上の3つの成分が配合されており、殺菌成分のCPCについては市販品と比べて

厚生労働省で認められている最大の濃度が入っています。

CPCは歯こうの付着を防ぐ効果があるため、虫歯の予防にもなります。

 

うがいの際に希釈の必要がなく、5~8時間程効果が残ります。

ノンアルコール処方でピリピリすることもないため、

うがいが出来る小さなお子さまにもお使いいただけます。

矯正治療中で歯みがきがしづらい方にもおすすめです!

 

 

使用方法は、歯磨きの後に10~20mlを口に含み、20~30秒程すすいでから

はきだしてください。使用後、お水ですすぐ必要はありません。

 

使い心地など気になる方は、当院の手洗い場にも置いてありますので

ぜひお試しください!

 

 



お子様の仕上げ磨きについて


二月に入り、一段と寒くなりました
皆様いかがお過ごしでしょうか

 

本日は、お子様の『仕上げ磨き』についてお話していこうと思います

 

歯みがきが慣れてきても、お子様の歯みがきだけでは、歯垢の除去は難しいです
必ず大人が『仕上げ磨き』をしましょう

 

おうちの方から「何歳ごろまで仕上げ磨きを行えばいいのか」との相談がよくあります
永久歯列が完成する13歳までが望ましいですが、成長期に入る9歳ごろまではお子様が嫌がらず、受け入れてくれる場合が多いので9歳ごろまでは必ず大人が『仕上げ磨き』をしてあげましょう

 

<仕上げ磨きのポイント>
・ハブラシを歯と歯茎の間に直角に当てて一つの歯ずつ左右に細かく動かします
・奥歯は軽くお口を閉じるとスペースができて磨きやすいです
・上の前歯を磨く時は前歯の上のすじにハブラシが当たると痛いので、指で保護しましょう

 

<磨き残しが出やすい場所>
・歯と歯の境目
・歯と歯の間
・噛み合わせの溝

 

ご不明点、ご質問等ありましたら、いつでもお声かけください

 

uzura-family_tanaka013.png

 

歯科衛生士 柳原


当院のフッ素に関する考え方


当院のフッ素に関する考え方をご説明させていただきます

 

スクリーンショット 2019-08-23 10.23.09.jpg

 

上記の観点からもフッ素は齲蝕予防に効果的であると考えております

 

文献は様々ありますが

 

WHO Technical Report No.846, 1994 によると
1,000ppm 以上のフッ化物イオン濃度では,500ppm
高くなるごとに 6%のう蝕予防効果の上昇がみられる
とあり

 

また2017 年 3 月には,フッ化物の効能がみとめられ
フッ化物配合歯磨剤のフッ化物イオン濃度の上限を
1,000ppm→1,500ppm とする高濃度フッ化物配合歯磨剤の医薬部外品として
の市販が,厚生労働省により新たに認められています

 

当院ではブラッシング,フロス,歯間ブラシによる,歯垢の機械的清掃が効果的に
行われたあとにフッ素を効果的に作用させるという観点から,
フッ化物配合歯磨剤に含まれるフッ素に頼るのではなく
フッ素含嗽剤(ミラノール)によるうがいをおすすめしております

 

当院でフッ素(ミラノール)のうがいをおすすめしているのは
以下にあてはまる患者様です

 

①10本以上修復された経験がある
②下顎前歯が虫歯になった経験がある
③歯肉が下がり象牙質の露出・知覚過敏が見られる
④唾液の量や質が下がり二次齲蝕のリスクが高い
⑤虫歯リスクの高い小児

 

どのような有益な薬でもすべての患者様におすすめできる
ものはないと考え,リスクのない患者様にはご説明をすることはありません

 

治療が終わった状態の長期安定性のためには
可能な限り虫歯のリスクを回避する必要があるため
このような指導をさせていただいております

 

当院でフッ素の含嗽剤としておすすめしているミラノールは以下のような薬剤です

 

スクリーンショット 2019-08-20 17.00.28.jpg

 

当院での購入を希望の場合
口腔内のリスク判定により使用方法が異なるため
検診後の購入となります

 

ご理解のほどよろしくお願いたします


デンタルフロスってすごい!!


朝と夜など1日2回は歯みがきしますよね。

意外と知られていないことなのですが、歯ブラシでは絶対磨けないところがあるんです。

どこだと思いますか??

DSC_5743.JPG

・銀歯や、セラミックで治療されたことがある。

・口臭が気になる

・歯磨きしてもすっきりしない

こんなことが当てはまる方。

ある箇所が歯ブラシでは磨けない事が原因の可能性大!!ですよ!

そのある箇所。

歯ブラシでは磨けない所というのは

歯と歯の間です!!!!!!!!!!!!!!!!!!

磨いている!
と思う方もいると思いますが

かなしい現実ですが
磨いていると
磨けている
とは雲泥の差があります。

歯と歯の間は歯ブラシだけだと絶対磨けません。
100%磨けません。

なので、歯磨きしているのにほとんどの方が虫歯の経験があったり
口臭が気になったりするんですね。

そんな歯と歯の間をきれいに磨ける道具があります。
ドラックストアには必ずといっていいほど置いてあるものです。

それはデンタルフロス!!
形状はただの糸みたいなやつです。

DSC_2427~01.jpg

持ち手が付いているウルトラフロスもありますが
おすすめはデンタルフロスです。

デンタルフロスのほうがおすすめできる
はっきりした理由がありますので

それは次回お話したいと思っています。

歯科衛生士 向田


デンタルフロスのいろいろ


 

外でお食事をされると
歯と歯の間に食べたものが詰まって、なかなか取れないことはないですか?

爪楊枝がおいてあるところもありますが、
たとえば焼き肉など繊維質なお食事ろされると
特に取れにくいので
ずっと気になってしまいますよね・・・

先日、歯科衛生士の知人からユニークなアメリカ土産を頂きました。

それが、こちら!!

DSC_1628.JPG

実は右のは
デンタルフロスなのです!

よく見ると波打っていますよね。

DSC_1632.JPG

一回使い切りのデンタルフロスがパックされています。

どうやら味もついているようですね

DSC_1634.JPG

クランベリー味とミント味

通常のフロスだと意外とかさばるのか
歯磨きセットの中に入れていてる方をのぞくと
フロス1つだけ携帯されているというお話を伺うことは少ないのですが

このフロスだと
お財布のなかに忍ばせておけるので
かさ張らないですし

常に携帯することができるので
出先でフロッシングしたくなった時に心強いですね(*^^*)

アメリカはフロスを使うことが習慣になっているので
さまざまなシチュエーションに特化したものが出回っているようです。

日本でもこういったフロスの開発や販売が進んで
その商品が歯科医院だけではなくて薬局や
コンビニに普通に並ぶ日が訪れるために

私達、歯科で働く者がフロスの大切さをもっとひろめていかないといけませんね。

フロスを使うと気持ちいいですよ!
まだ使ったことがない方にも関心を持って頂けたらと思います。

他に頂いたお土産に
ホワイトニング剤がありました!

DSC_1633.JPG

あけるとオブラートのようなものが入っていて
それを乾いた歯面に付けて30分放置するそうです。

海外には日本にはない商品が多くて驚かされます!
 
みなさんもおもしろい商品に出会ったらぜひ 教えて下さい(*^^*)

歯科衛生士 向田


12