04.症 例 : 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

自分の歯を残したい・神経を抜きたくない方へ MTA直接覆髄法+ダイレクトボンディング


入り口はちいさいけれど中で大きくなっている虫歯です

 

20200523-1.JPG

 

削ってみなければどこまで虫歯が進行しているか
レントゲンでも判断しにくい場合があります

 

20200523-2.jpg

 

青く染め出されているところが虫歯の部分になります
ここまで大きくなっている虫歯の場合
すべて虫歯を除去すると神経まで達する可能性があります

 

20200523-3.jpg

 

神経が露出してしまいました
神経が露出する可能性があったため
事前にラバーダムをかけて唾液にまみれないように処置を行っております

 

20200523-4.jpg

 

この状況でMTAという素材で神経の露出した部分を
覆うことにより神経をすべて取ることなく温存できる可能性があります
成功率は80-85%前後ですが神経をすべて取ることによるデメリットを考慮すると
非常に有益な治療法と我々は考えております

 

20200523-5.jpg

 

最後はダイレクトボンディングで修復し
治療終了です

 

20200523-6.jpg

 

一日の来院で終了できるのも大きなメリットです
お気軽にご相談ください


自分の歯を残したい・神経を抜きたくない方へ 歯冠長延長術 クラウンレングスニング 歯周外科手術 について


神経の治療を行った歯は
歯冠の高さが全くなくなってしまっている場合があります

 

http://www.kanamorisika.com/wp-content/uploads/20200521-1.jpg

 

原因としては
①もともと神経を抜く前から高さがなかった
②神経の治療をしている間に処置している歯が移動してしまった
③上の歯が伸びてきてスペースがなくなってしまった
などが考えられます

 

この状態のまま被せものを行うと
①高さがないのでかぶせものが取れやすい
②かぶせることができたとしても噛み合わせの面が平らになり咀嚼効率がわるい
③かぶせものが高くなってしまい歯根が折れるあるいは顎関節に負担が生じる
などが考えられます

 

この場合
歯冠長延長術を行い歯肉の位置を下げることで
歯の高さを回復して適切なかぶせものを行うことができる条件を整えます

 

術直後 当日の口腔内写真です

 

http://www.kanamorisika.com/wp-content/uploads/20200521-2.jpg

 

術前術後の口腔内写真です

 

http://www.kanamorisika.com/wp-content/uploads/20200521-3.jpg

 

この程度歯肉の位置を下げることで適切なかぶせものを行うことができます
かぶせものがよく取れる・歯根が折れるなどを経験された方は
歯の高さがなくなってしまっている場合があります
お気軽にご相談ください


食事のとき違和感が消えない 精密根管治療 根管内破折器具除去


神経を抜いたはずなのに食事のとき,かんだときの痛みが消えない
頭を揺らすと歯が痛い気がするなどの症状は根尖病変が原因で
神経の治療が必要な場合があります

pic2020-04-19-22-36-04.jpg

 

歯科用顕微鏡・マイクロスコープを用いた
上顎左側第二大臼歯破折器具除去を伴う感染根管処置の処置動画です

 

精密根管治療 根管内破折器具除去

 

根尖病変が上顎左側第二大臼歯に確認できます
ピンク色の枠の部分です

 

pic2020-04-20-15-19-25.jpg

 

この病変を治療するためには唾液の入らない環境をつくり
過去に詰められた根管内の根管充填剤・異物などを除去し
根管内の洗浄を行う必要があります

 

根管内から除去した異物です

 

pic2020-04-20-15-23-30.jpg

 

除去後のレントゲン写真です

 

pic2020-04-20-15-23-21.jpg

 

レントゲン写真の比較です
異物が除去され適切に根管充填が行われているのがわかります

pic2020-04-20-15-23-58.jpg

 

かんだときの違和感も消え,その他の症状も改善されました
歯根が割れていなければ再度,根管治療を行うことで
抜歯を避けることも可能となります

 

ご相談いただければと思います


公益社団法人日本口腔インプラント学会 第39回関東・甲信越支部学術大会


2020年2月15,16日 新潟朱鷺メッセにて行われました
公益社団法人日本口腔インプラント学会 第39回関東・甲信越支部学術大会にて

 

ストリップテクニックによる遊離歯肉移植術を併用した1症例
:Visual Analogue Scaleによる術後疼痛評

 

という演題でポスター発表をさせていただきました

 

57DC8D4F-61C1-457A-8364-0F14D9C2E8C8_1_201_a.jpeg
術前

 

604D9677-9079-4546-A9B6-74682EBAB638_1_201_a.jpeg
術後

 

DCAB2575-52D6-41B4-B363-DCC9FD99FF5C.jpeg

 

発表に際し,快く同意いただけました患者様
本当にありがとうございました

 

さらなる研鑽を積んでいきたいと思っております
ご指導ご鞭撻いただけました諸先生方,当院スタッフに感謝したいと思います
ありがとうございました


第62回秋季日本歯周病学会学術大会にて発表


10月26日北九州で開催された
第62回秋季日本歯周病学会学術大会にて
「遊離歯肉移植術を行った一症例」
としてポスター発表をさせていただきました

 

スクリーンショット 2019-10-27 13.57.44.jpg

 

様々なご意見・ご質問をいただけ非常に充実した発表になりました
さらなる臨床に生かしていきたいと思います

 

スクリーンショット 2019-10-27 13.58.10.jpg

 

発表に当たり尽力してくれた当院スタッフ 林先生,正島先生
力強い応援をしてくれた家族に感謝したいと思います

 

スクリーンショット 2019-10-27 13.59.15.jpg

 

これからも医療法人社団KDC かなもり歯科クリニックは
スタッフ一同研鑽を積んでいく所存でおります
これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします


12345...10...