02.かなもり歯科クリニック : 医院ブログ

02.かなもり歯科クリニック

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

あけましておめでとうございます


新年あけまして

おめでとうございます

 

本年もスタッフ一同

心よりお待ちしております

 

 

皆様にとって2021年が素晴らしい年に

なりますよう心よりお祈り申し上げます

 

 

 


3740万円の差 たばこを買わず,たばこ株を買っていたら


たばこは口腔内に対し,非常に悪影響を及ぼします

当院ではインプラント治療・歯周組織再生療法など

喫煙の影響で文献的に成功率が15~20%以上落ちる処置は

喫煙されている方には行っておりません

恐れ入りますがご理解の程よろしくお願い致します

 

 

喫煙をやめた方がいい理由を最近読んだ本で見つけたのでご紹介致します

『本気でFIREを目指す人のための資産形成入門』という書籍です

 

たばこを買わず、たばこ株を買うと

「たばこを吸う側」になるのか、「たばこ株を買う側」になるのかで、決定的に埋めがたい金銭的差異が生じます。

 1.たばこを買う側になるのか

 2.たばこ株の株主になるのか

 仮に毎日セブンスターのたばこを一箱吸えば、約500円かかります。1日1箱吸うと仮定します。すると、1年で約18万円かかります。

 

 

 その資金をたばこ株に投じるとどうでしょう。例えば米国たばこ大手の「アルトリア・グループ」に投じた場合、過去10年(2010~2019年)の株主が享受する収益率(トータルリターン)は年率15.49%でした。過去は未来を正確に映すわけではないので、例えば年率10%で試算をします。毎年18万円の追加投資を行うと仮定した場合、10年で316万円になっていたことになります。

1.たばこを買う側になる → 180万円の消費

2.たばこ株の株主になる → 316万円の利得

 

 

 これは資本主義の象徴的な側面です。財やサービスを消費する側ではなく、資本家側(株主側)にいるか否かで、大きな金銭的差異が生じる好例です。たばこは依存性のあるものです。たった一度、その一度だけのたばこを吸うという行動が、その後のキャッシュフローの流れを一変させます。

 

 

 

20歳でたばこを吸い始め、50歳まで吸い続けた場合、

1.たばこを買う側になる → 540万円の消費

2.たばこ株の株主になる → 3200万円の利得

 これが消費する側と株式を保有する側の埋めがたい差です。

 

私たちの医院では30年間で540万円の消費がささむ,ご説明させていただいていたのですが

実際は20歳でたばこを辞め,投資に回していたとすると30年間で

3740万円もの経済的な格差がでてくるという事なのです。

 

これを踏まえた上でもたばこを吸いながら歯科治療を受けるのか、と検討していただけると幸いです

当院にいらっしゃる喫煙者のうち70%の方が禁煙指導をうけ,禁煙されています

歯周病治療には,禁煙は不可欠だと当院は考えております

禁煙についてもお気軽にご相談いただけますと幸いです


MerryChristmas🎄


12月に入り本格的に冬へと近づいてきました!

新型コロナウイルスの感染者が急増していますが、

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

 

12月といえばクリスマス(*^▽^*)♪

今年もクリスマスツリーの飾りつけを行いました!

 

 

 

 

 

スタッフとルンルン気分で飾りつけを行いました!

クリスマスツリー以外にも入り口のドアや受付も飾りつけをしました!

水槽も前回のハロウィンからクリスマス仕様に変わっています!

 

 

 

新しいお魚さんも入りました🐟

是非探してみてください!

 

 

そして新年を迎える前に歯のメンテナンスはいかがですか?

スタッフ一同皆様のご予約心よりお待ちしております☆

ご予約はお早めに(*^-^*)☆

 

歯科助手 佐藤


年末年始の診療日


12月12日(土)社員研修の為16:00まで

12月26日(土)通常通り

12月28日(月)16:00まで

12月29日~1月3日まで 休診日

1月4日(月)通常通り

 

ご迷惑おかけしますが

ご理解のほど宜しくお願い致します。


だんだん寒くなってきました


こんにちは!

またコロナウイルスの感染者数も増え始め

不安な日々ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

だんだん寒くなりコロナウイルスだけでなく

インフルエンザも増え始める季節になりました。

しっかりと予防、対策をして感染も防ぎましょう

 

 

感染予防のポイントは「正しい手洗い」

病気を引き起こす感染症の多くは「手」を介してウイルス・菌が体内に侵入し、発症するといわれています。風邪・インフルエンザを予防するためにも、特にトイレ後・食事の前・外出後は、必ず手を洗いましょう

 

 

 

こまめに水分補給をする

のどや鼻の粘膜にある「線毛せんもう(繊毛)」には、ウイルス・菌を体内から排出させる役割があります。体内の水分量が減ると線毛(繊毛)の乾燥を招き、線毛運動が鈍くなってしまいます。こまめな水分補給を心がけてウイルスの侵入を防ぎましょう

 

 

20分おきの水分補給が効果的!

インフルエンザウイルスが、のどや鼻の粘膜にある感染部分に到着してから細胞内に侵入するまでに、最速で20分といわれています。

そのため、20分おきに水分補給をすることにより、感染部分についているウイルスを洗い流してしまおうということです。ウイルスは消化器官内に入ると分解されるので、感染・増殖することはありません。

 

 

ビタミンDパワーで免疫力をアップ

ビタミンDは体内の免疫バランスを良好に保ち、風邪やインフルエンザにかかりにくくなることで今、世界的に注目されています。

 

 

ビタミンDの摂り方

 

適度に日光浴をする

日光を浴びると体内でビタミンDがつくられます。紫外線が気になる方は、手の平だけでもよいので、適度に日光を浴びましょう。冬場は1日に計60分、春夏秋は、計510分が目安です。

 

食事やサプリメントで摂る

ビタミンDは、イワシ・鮭・サンマ・サバ・きのこ類や卵に多く含まれています。熱に強く、油と一緒に摂ると体内への吸収率が高まるため、炒め物や揚げ物がおススメです。

 

 

とにかく十分な睡眠をとる

睡眠はウイルスと闘うために必要な体内の免疫力を高めてくれます。睡眠時間は8時間以上を目安に早めに布団に入りましょう

 

 

口腔ケアで感染対策

 

歯磨きやマウスウォッシュなどで口の中の雑菌を除去すると、風邪ウイルスやインフルエンザウイルスの増殖を防ぐことができるといわれています。

きちんと予防、対策を行なってインフルエンザやコロナウイルスの感染を防ぎましょう

歯科衛生士 中島


12345...102030...