キシリトールてなんだろう? : 品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

キシリトールてなんだろう?

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

キシリトールてなんだろう?


品川区北品川の歯医者

かなもり歯科クリニックの歯科衛生士

阿部です

 

 

まだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか(´▽`)

 

 

2月といえば節分、豆まき、バレンタインとイベントがありますね。

わたしは甘いものが大好きで、特にチョコレートが大好きです♡

 

 

バレンタインの時期になると、たくさんの種類のチョコレートがお店に並ぶのでワクワクします!

この数年は百貨店などで行われている催事場にいき、1年のご褒美としてチョコレートを買うのが恒例になっていました。

ですがこのご時世なので、なかなか行けず我慢しています、、(:_;)

 

 

甘いもの=むしばになる、と思っている方も多いかと思います。

ですが、食べ方や種類が大切なのです。

そのなかでも今回はキシリトールについてお話します。

 

 

 

☆キシリトールとは

糖アルコールの一種で天然の甘味料です。市販されているガムなどは白樺の木に含まれるキシロールを還元して作られています。

 

 

 

☆効果について

①ミュータンス菌増殖抑制

キシリトールは砂糖と違って、酸を作りだしません。また、ミュータンス菌に分解されてもネバネバした物質をつくりません。

 

②唾液の分泌促進と再石灰化の促進

甘みがあるため、味覚を刺激し唾液がたくさんでます。唾液には清浄作用やお口の中の酸性度を中和してくれる作用があります。また、リンやカルシウムが歯の表面に戻る再石灰化の働きも強まります。

 

 

 

☆キシリトールを食べるポイント

①100%のものを選びましょう

他の糖類が含まれていると、最大限の効果が得られません。

 

②一度にたくさん食べると、お腹がゆるみ下痢を起こす場合があります

一時的なものなので心配ございませんが、注意してください。

 

 

さいごに、、

キシリトールはあくまでも虫歯予防の補助的な役割です。

大切なのは毎日のブラッシングとフロスでプラークを落とすことです。

そして定期的なプロによるメンテナンスです。

 

 

 

 

 

 

おやつとも上手く付き合い、健康なお口を一緒に目指しましょう(*^^*)

皆さまのご予約・ご来院をスタッフ一同お待ちしております!!

 

関連する記事

  • 歯周病学院内勉強会2021年12月27日 歯周病学院内勉強会 品川区北品川の歯医者 かなもり歯科クリニックの歯科医師 正島です   今年も気づけば残りわずかとなりました […]
  • 金環日食2012年5月21日 金環日食
  • 北欧の歯磨き粉を使ってみました2015年9月29日 北欧の歯磨き粉を使ってみました 先日、北欧のおみやげのリクエストを受けたので歯科衛生士の私はもちろん歯磨き粉をお願いしました。 そして、いくつか買ってきて […]