第30回院内実習 : 品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

第30回院内実習


梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

さて、今回は第30回目の院内実習についてご報告いたします
(ちなみに実習はコロナ感染拡大前に行われたものです)

皆さんは一度つくった義歯が時間が経つにつれて合わなくなった経験はありませんか?
歯を抜いた後の土手の形というのは日にちが経つにつれて変化します
(抜歯直後が顕著ですが、土手の形が安定してからも徐々に形態の変化は起こります)

噛み合わせは安定しているものの土手の形が合わなくなってしまった義歯を修理する方法を
リベース(もしくはリライニング)と呼びます

今回の実習では、義歯に一層レジン材料を流して口の中で適合を向上させる
リライニングを模型上で行いました

李ライニング

実習用模型はあえて元々の義歯の色が違いますが、臨床ではいかに接着操作と研磨を行なって
新しく追加したレジン部分を一体化させるかがポイントとなります
今回も黙々と義歯の研磨を行いましたが、こだわればキリがない作業です
改めて技工作業の奥深さを感じる実習となりました

ちなみに義歯の内面が合わなくなった場合にご自分で内面に貼る材料が市販されていますが、
これをご自分で適切に行うのはとても難しいことです
逆に義歯の噛み合わせを崩したり、当たりや土手の吸収の原因となってしまうこともあります

義歯は問題なく経過していても半年から一年くらいで調整が必要です
詳しくはお問い合わせください

歯科医師 林



関連する記事

  • 第34回院内実習2020年12月10日 第34回院内実習 本格的な冬の到来を感じる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか さて、今回は第34回の院内実習についてお伝えいたします […]
  • 第31回院内実習2020年7月24日 第31回院内実習 みなさんこんにちは!!長い梅雨とコロナウイルスの継続的な蔓延でどうしても気が塞いでしまいますよね、、、   […]
  • 第62回秋季日本歯周病学会学術大会にて発表2019年10月26日 第62回秋季日本歯周病学会学術大会にて発表 10月26日北九州で開催された 第62回秋季日本歯周病学会学術大会にて 「遊離歯肉移植術を行った一症例」 としてポスター発 […]