予防先進国から学ぶこと -歯磨きの仕方- : 品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

予防先進国から学ぶこと -歯磨きの仕方-

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

予防先進国から学ぶこと -歯磨きの仕方-


虫歯になったことがある人がほとんどいない国、スウェーデンではどのような予防がされているのでしょうか。

1 日本と磨きかたがちがう

皆さんや皆さんのまわりでは、一本の歯ブラシや電動歯ブラシを使ってきれいに磨こうとされる方が多くないですか?仕上げに歯間ブラシを使う方もいるとおもいます。

でも歯は平らな形のものから三角形や円形、筒状といろんな形をしているのでそれらをすべてきれいにするのは難しいです。
とくに3代リスク部位といわれる
歯と歯茎の境目や
歯と歯のあいだ
歯の溝
ここはとくに磨くのが難しいところです。

下の前歯の裏側や
奥歯の裏側を舌で触るとザラザラしていませんか?
その原因は磨き残しのせいでザラザラしているのです。

ここで、スウェーデン型歯磨き方法をご紹介!

スウェーデンでは、まず磨きにくい3大リスク部位から磨いていきます!

磨きにくいところをなにで磨くのかといいますと

痒いところに手が届く 魔法の歯ブラシ
ワンタフトブラシ

WS000765.JPG

ワンタフトブラシを使うと簡単に効率よく短時間できれいになります!ヾ(・◇・)ノ

リスク部位をワンタフトブラシでみがいたら
残りは普通の形の歯ブラシで簡単にシャカシャカ磨くだけ!

WS000766.JPG

WS000767.JPG

調査結果によると平均して2倍も!
磨き残しが減ります!!

私が学生のころはワンタフトブラシは歯ブラシの補助 と習いましたが
今では逆転!!
ワンタフトがメインなのでは?っと個人的には思っているほど優れた歯ブラシです(*^^*)

歯磨き後の爽快感も格別ですよ♪

歯科衛生士 向田

関連する記事