口腔ケアでインフルエンザ予防 : 品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

口腔ケアでインフルエンザ予防

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

口腔ケアでインフルエンザ予防


虫歯の放置や歯周病の進行などでお口の中の

細菌が増殖することでお口の中の環境が乱れて

インフルエンザウイルスを粘膜に張り付きやすい状態になります

ある日本での調査では
介護施設A(歯科衛生士による口腔ケア実施群)98名
介護施設B(これまでどおり自分で口腔ケア)92名
を比較,半年後,介護施設Aの口腔内を調べると,細菌数が減り
プロテアーゼとノイラミニダーゼの細菌性酵素活性の低下が確認されました。
インフルエンザ発症者は、介護施設Aは1人、介護施設Bは9人という結果でした。

インフルエンザはお口の中から感染しやすいので,お口の中に細菌が多いと

口やのどの粘膜に張り付きやすくなり感染の機会が増えることになります。

口腔ケアをしっかりして 手洗い うがいを心がけましょう!!

WS000614.JPG


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック

http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

関連する記事