「スマホ噛みしめの危険性」 : 品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら「かなもり歯科クリニック」

「スマホ噛みしめの危険性」

かなもり歯科クリニック 医院ブログ

大切な歯を残す。品川区・大田区(東京)の歯科・インプラント・歯周病なら当院へ

「スマホ噛みしめの危険性」


最近、メディアで「スマホ老眼」が取り上げられております。
長時間のスマホ操作で色々な症状が身体に起こるようです。
他にも「スマホ首」「スマホ指」「スマホ巻き肩」があるそうですが、
スマホをし続けることで、
無意識に噛みしめてしまう「スマホ噛みしめ」に注目しています。

スマートホンを見ている姿勢で頭の角度が前傾しすぎると、
頭の重さで、上下の歯列が自然に噛みしめ状態になってしまいます。
 なぜ「噛みしめ」がいけないのでしょうか?

通常人は、上下の歯が接触している時間は
1日24時間中20分ぐらいといわれています。
無意識に噛んでしまう症状を
TCH(ティースコンタクトハビッツ)といいます。
1日に7時間以上噛みしめていらっしゃる方もいるそうです。
スマホ.jpg

噛みしめは、上下の歯が弱い力でも持続的な接触があると、
周辺の毛細血管が消失してしまい、抵抗力が減弱してしまいます。

①.jpg

このTCHの治療は、現在のところ、睡眠時以外は、自分の日常の動線の中に、
「噛んではダメ!」のような、気づくような付箋を貼っておくこだとされています。
日常、何気なく行っているしぐさも、
実は歯に大きな負担をかけていることもあります。
充分にご注意ください。

                         歯科助手 鶴見

関連する記事

  • 第27回院内実習2020年2月4日 第27回院内実習 皆さんこんにちは!2月になり、随分と寒くなってきましたね 空気も乾燥してきているので風邪やインフルエンザには十分ご注意ください […]
  • 2019年もお世話になりました2019年12月27日 2019年もお世話になりました 2019年も残すところあとわずかとなりましたが 皆様いかがお過ごしでしょうか。   本年も多くの患者様に […]
  • 当院もCT導入してます2019年2月12日 当院もCT導入してます 今日はCTについてお話しします。   CTとは   コンピューター断層撮影法(Com […]