« 2018年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2018年3月 5日

第8回院内実習

そろそろ春めいてきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか

さて、本日は第8回院内実習の様子についてご報告したいと思います


今回はラミネートベニアの形成実習を行いました
DSC_1955.JPG

ラミネートベニアとは、歯の表面をごくわずか(エナメル質の範囲内)だけ削って、
ポーセレンなどの薄い板を貼り付けて見かけを改善する方法です
IMG_2190.JPG

歯の変色が大きかったり、歯と歯の間に少し隙間がある場合などや
通常より小さい歯(矮小歯)などに有効です


通常は全周を削って、その上にすっぽりかぶせもの(クラウン)を入れるのが普通です
しかしクラウンをかぶせるためには、なんともない歯を大きく削る必要があります
ラミネートベニアは表面をほんの少し(0.5mm以下)だけ削れば良いので、
処置が簡単で歯の神経にも影響はありません

今回の実習ではこのラミネートベニアの形成を行いました
まず、もともとの歯の形を型取りし、そこからどれくらい削ったかの目安とします
DSC_1925.JPG
DSC_1950.JPG


今回はもともとの歯の形をゴールとして歯を削りましたが、
今の歯の形を変えたい場合、理想的な歯の形を技工士さんなどに依頼してワックスで作ってもらい、
その形をゴールとして歯を削るパターンもあります
DSC_6548.JPG


歯ぎしりの多い方、かみ合わせによっては適応でない場合も多いので
何より診査、診断が大事なのはほかの治療の場合と同様です


当院では現在のところ、ダイレクトボンディング(硬質プラスチック系材料での修復)を行うケースの方が多いですが、最終形態のイメージを持った上で歯を削るというのはとても大事なので今後の治療に活かしていきたいと思います
 歯科医師 林




『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

インターネット予約 カウンセリング予約 アクセス・診療時間 診療カレンダー 小児歯科 ホワイトニング+PMTC doctors file bottom
インターネット予約
かなもり歯科クリニック


TOP