« 2017年8月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2017年8月 7日

「スマホ噛みしめの危険性」

最近、メディアで「スマホ老眼」が取り上げられております。
長時間のスマホ操作で色々な症状が身体に起こるようです。
他にも「スマホ首」「スマホ指」「スマホ巻き肩」があるそうですが、
スマホをし続けることで、
無意識に噛みしめてしまう「スマホ噛みしめ」に注目しています。

スマートホンを見ている姿勢で頭の角度が前傾しすぎると、
頭の重さで、上下の歯列が自然に噛みしめ状態になってしまいます。
 なぜ「噛みしめ」がいけないのでしょうか?

通常人は、上下の歯が接触している時間は
1日24時間中20分ぐらいといわれています。
無意識に噛んでしまう症状を
TCH(ティースコンタクトハビッツ)といいます。
1日に7時間以上噛みしめていらっしゃる方もいるそうです。
スマホ.jpg


噛みしめは、上下の歯が弱い力でも持続的な接触があると、
周辺の毛細血管が消失してしまい、抵抗力が減弱してしまいます。

①.jpg

このTCHの治療は、現在のところ、睡眠時以外は、自分の日常の動線の中に、
「噛んではダメ!」のような、気づくような付箋を貼っておくこだとされています。
日常、何気なく行っているしぐさも、
実は歯に大きな負担をかけていることもあります。
充分にご注意ください。

                         歯科助手 鶴見



東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

インターネット予約 カウンセリング予約 アクセス・診療時間 診療カレンダー 小児歯科 ホワイトニング+PMTC doctors file bottom
インターネット予約
かなもり歯科クリニック


TOP