« 2018年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2016年8月26日

リラックスして治療を受けてもらえるように

歯科医院の独特な臭いってありますよね。
歯科治療を少しでも快適に過ごしていただくために診療室にもディフューザーを追加しました。


DSC_2244.JPG


香りは某ホテルで使用されているグリーンティーの香りです。

お茶の味や香りにはリラックス効果があるそうなので
治療や予防でいらっしゃる患者様に少しでも苦痛なくリラックスして治療を受けてもらえたら幸いです。

DSC_2243.JPG


それは、診療室に入ってからではなく、
当院に足を踏み入れたときから感じてもらいたいとの院長の想いから
受付前にも設置しました。
周りになじむように色を統一しているので目立ちませんが
治療が始まる前の
なんか落ち着かない気持ちを、少しでも和らげてもらえることを願っています。


_20160826_104617.JPG


診療室は無機質なものが多くて味気ないですよね。
なので空間の堅苦しさを観葉植物にいてもらう事で優しくしてもらっているのですが・・・

ここで、ブログを読んでくださった方にお願いがあります。

通年、植物に元気でいてほしいのですが願い届かず地団太を踏むこともありました。
暦ではもう秋です。今はまだ湿度が高いですがそれも徐々に弱まり乾燥してゆきますね。
寒暖の差も激しくなるのでいまいる植物たちが季節を超えられるよう、何か気になることがあったら
ぜひ教えてもらいたいと思っています。


_20160826_104536.JPG


自宅で育てている方は、季節の変わり目で気をつけていることや
実際、診療室においてある植物を見て思ったことなどを
先生はじめ、スタックにお声かけてもらえることをお待ちしています。


では、台風が発生してくる今の季節
日によって気温の差が激しいですので、皆さまご自愛ください。


歯科衛生士 向田



『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

2016年8月20日

歯の神経を抜かないために MTAによる直接覆髄法

WS001187.JPG

歯の神経を残すことは非常に重要です

神経がなくなると歯はもろくなり割れやすくなってしまいます


WS001183.JPG


それだけではなく神経の治療は100%の成功率ではなく

顕微鏡・ニッケルチタンファイル・ラバーダム防湿

を用いた精密な根管治療でも90%前後となり困難を極めます

顕微鏡を用いない根管治療では50~60%で根尖に病変が認められる

という報告もあります


WS001185.JPG


そのため歯の神経は極力抜かないようにするのが

歯の寿命を伸ばすために必要なことなのです

今回は虫歯を除去し神経が露出する場合でも神経を温存する

MTAによる直接覆髄法をご説明いたします

WS001165.JPG

MTAとは

1993年に米国ロマリンダ大学のDr.Mahmoud Torabinejadら

により根管穿孔部位を封鎖する材料として開発され、1998年以降に欧米各国で、

2007年に日本で発売が開始されて以来、多数の症例に使用されて

高い臨床評価が得られている材料です。

WS001186.JPG


ケイ酸カルシウムを主成分とし、生体親和性や封鎖性、石灰化促進作用、

デンティンブリッジ形成能、細胞反応活性化促進作用、抗菌性に優れた革新的な材料です。

当院のMTAによる直接覆髄法は、Pro Root MTAなど複数の材料を症例に合わせて

選択しています。

<症 例>

冷たいものや熱いものを食べてもなんの症状もない歯でしたが

レントゲン写真から一番奥の銀歯の内部で虫歯になっていることが疑われました

WS001172.JPG

電気歯髄診断器により歯髄はまだ生きていることが確認されています

WS001178.JPG

銀歯を除去したところです

WS001171.JPG

銀歯の下で

神経に到達しているかもしれない虫歯の存在が確認されました

まずは

唾液や血液による汚染を防ぐため

外周および浅い部分の虫歯を除去し光重合型レジンにて隔壁をつくります

(このときはまだ歯髄付近に虫歯を残しています)

その後ラバーダム防湿を行います

WS001164.JPG

隔壁製作時に残していた虫歯を除去すると

やはり神経が露出しました

通常の治療であれば抜髄(神経を抜く)治療に移行するのですが

歯の神経を温存するためMTAによる直接覆髄法を行っていきます

WS001166.JPG

顕微鏡や拡大鏡下にて

周囲の虫歯を完全に除去したのを確認し,Pro Root MTAを丁寧に詰めていきます

WS001168.JPG

光重合型レジンにて密封いたします

WS001169.JPG

神経が生きていることを経過観察後

症状が安定していれば

最終的な詰め物をして終了となります


当院ではMTAのおかげで抜髄処置が非常に减少しました

100%の治療法ではありませんが

顕微鏡を用いない抜髄処置の成功率を考慮すると

虫歯の大きさや歯根破折などにより適応できない場合もありますが

非常に有効な治療法だと考えております


お気軽にご相談ください



『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

2016年8月12日

ぺリオ(歯周病)ワールドに行ってきました。

暦では立秋ですが体感は夏本番で暑さに負けないように身構えてしまう季節になりましたね。
少し前のになりますが、歯周病関連の講演会を多くされていて、とても有名な先生、
大阪大学歯学部 予防歯科学 教授 天野敦雄先生
大阪大学歯学部卒業 現在は大阪で開業されています山本浩正先生
お二人が講演されるということで、行ってきました。
聴講者にきた人数は500人と伺いました!!
これでも申し込みが殺到してキャンセル待ちもいたそうです。
(現に当院にもキャンセル待ちをしているスタッフがいました)

お二人とも、とても有名な先生で私も学生の頃からお名前を拝見していました。

_20160812_091836.JPG


内容は、歯周病についてです。
歯周病は細菌の感染症なので細菌についての講義や
臨床での活かし方などをおもしろおかしく講演してくださったのであっという間の6時間でした。


主催はご存知の方も多いコンクールを販売しているウェルテック(株)でした。

DSC_2108.JPG


今回のセミナーは歯科医師、歯科衛生士などの歯科従事者向けのものだったため
普段から口腔に関心があります。
そのため、昼食後のブラッシングもみな一斉にスタートするので
講演ホール外のロビーは
歯みがきする人で溢れています(^^)

DSC_2109.JPG


今回に限らずセミナーでは良く見られる光景で、講演中は気づかなかった知人と
歯磨きしていて会うことも多いものです。

今回も数人に会ったので、その後歯科を酒の肴に盛り上がりました(^^)


今回の勉強会で改めて思ったのが
知識を更新してゆくことの大切さです。
学生の頃、ある病気は○○細菌が原因菌というのが通説だったのが、
その細菌数が増えるほど身体が弱っている・・・という
意味合いがまったく違う方に変わっていたりするので、

知識をいつも更新されるようにアンテナを高くたてていこうと自分を鼓舞することができた1日でした。

歯科衛生士 向田



『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

2016年8月10日

抜けた歯はどうするの?

抜けた乳歯をどうするか?
国ごとに様々な、習慣や言い伝えがあります!
日本を含めアジアでは、上の歯は、緑の下に、
下の歯は、屋根の上に放り投げるという習慣があります。

一方、カナダ、イギリス、米国、では夜眠る時
枕の下に入れておくと''歯の妖精''がやってき来て
抜けた歯を持っていき、コインと交換してくれるとゆう
言い伝えがあります!

チリ・コスタリカ・は抜けた歯をイヤリングやネックレスにして
身に付けておくそうです。

ロシア・アフガニスタンは、ネズミの巣に入れるそうです。
ネズミみたいな丈夫な歯が生えてくるようにと♪

国が違っても歯の健康を願う気持ちは、世界共通なんでしょうね!(^^)!


WS001157.JPG



『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

2016年8月 9日

8月の診療日

かなもり歯科クリニック8月の診療日は、
通常り診療いたします!


8月11日(木)休診
8月12日(金)通常通り
8月13日(土)通常通り
8月14日(日)休診
8月15日(月)通常通り

宜しくお願いします!


WS000008.JPG



『満足』の一歩先へ -grow for the next-
医療法人社団KDC かなもり歯科クリニック


東京都品川区 北品川 青物横丁,新馬場,歯周病専門医,インプラント認定医,かなもり歯科クリニック http://kanamorisika.com  03-3450-6480  メールでのご質問はこちら  ご予約はこちら

インターネット予約 カウンセリング予約 アクセス・診療時間 診療カレンダー 小児歯科 ホワイトニング+PMTC doctors file bottom
インターネット予約
かなもり歯科クリニック


TOP