トップへ » 院内ツアー » 院内設備

院内設備

歯科用CT・デジタルレントゲン院内設備
CTとは断層撮影(computed tomography )の略です。X線とコンピュータを用い、顎顔面領域の断面を輪切にした断層画像をデジタル画像で観察することが可能な装置です。

この画像からは神経の位置や骨の形態、血管等の位置などを確認します。技術によって精度の高い3次元画像を撮影することが可能となり、インプラント治療や精密根管治療,歯周組織再生療法など正確な治療の方向づけに役立てることができます。

多くの医院では大学病院等の外部機関にCT撮影を依頼しているため時間や費用が余計にかかりますが、当院では最新の高性能歯科用CTスキャンを導入しており、クリニック内で撮影を完了します。

また、従来のレントゲンに比べX線照射量が最大1/10程度と体に優しいことも特徴です。デジタルなので撮影してすぐに診察台のモニターで確認することができます。

口腔内カメラ院内設備
このカメラで口の中を撮影し、画像をモニターで拡大して患者さまに見ていただくことにより、虫歯の状態や治療後の歯の状態をわかりやすくご説明します。

拡大鏡(サージテル)院内設備
拡大鏡を使用することによって、肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸や隠れた根管、補綴物のフィットの状態といったさまざまなことが確認できます。それにより、検査や診断の能力が大幅に向上すると共に、より精密な治療が可能となります。

マイクロスコープ院内設備
肉眼の5~30倍に拡大できる精密な顕微鏡です。この装置を使えば、細かな作業が必要な根管治療なども、比較的容易に処置することが可能となり、本来抜かなければならない歯でも残せるなど、治療処理が飛躍的にアップします。

生体情報モニタ院内設備
インプラントオペや歯周組織再生療法など外科処置を含む場合は、必ず生体情報モニタを患者さまにつけていただき、常時心電図、血圧、心拍数、血中酸素飽和度を計測、記録を行いながら安全な処置を心がけております。

笑気吸入鎮静・静脈内鎮静静脈内鎮静
この麻酔の特徴は、半分寝たような状態で手術を受けられること。通常は、インプラント手術の際に使用する麻酔法ですので、痛みや不快感を感じることなく、ウトウトと居眠りしている間に治療が終了します。


インプラント治療の評価 オステル ISQインプラント
オステルISQ値とは、インプラントと骨がどのくらい結合しているのかを数値化して表示してくれる機器です。そのため、手指の感覚や経験に頼ったあいまいな判断ではなく、誰が計測しても一定の基準で判断を下す助けになります。

CT診断と同様にインプラント1次手術時、2次手術・負荷開始時、メインテナンス期間中の測定を行っております。

かなもり歯科クリニックでは、安心・安全なインプラント治療と長期的な予後の観察のため、オステルISQを活用しております。

エピペンエピペン
アナキラフィシーショックが起きた場合など、緊急時に注射する薬剤です。

AEDAED
心肺停止傷病者の心電図を自動解析し、除細動(電気ショック)が必要な場合に音声等の指示によって除細動を与えることができる医療機器です。当院はAEDを備えています。

クラスB滅菌器「DACプロフェッショナル」DACpro
「DACプロフェッショナル」は、ヨーロッパ基準EN13060のクラスBの滅菌基準をクリアした高性能の滅菌器(オートクレーブ)で、治療器具に付着したあらゆる汚れを強力に洗浄・殺菌します。

治療で使用したピンセットやミラーなどを「DACプロフェッショナル」で処理すると、高圧スチームの力で通常では処理しきれない細菌を完全に死滅させます。当院では、すべての患者さまごとに滅菌した治療器具を使用することで、治療器具による院内感染を防いでいます。

ハンドピース滅菌器「DAC2」DAC
「DAC2」はヨーロッパ基準EN13060のクラスSを満たした最新鋭のハンドピース専用のオートクレーブです。

ハンドピースの内側には血液や唾液、細菌などが潜んでいますが、通常のオートクレーブでは完全に死滅させることができません。DAC2は、これ1台で洗浄から除菌までの工程を効率良く行い、ハンドピース内部に潜んでいる細菌を完全に死滅させることができます。


トップへ » 院内ツアー » 院内設備


インターネット予約


TOP