2016年6月 « トップへ » 2017年5月

2017年4月25日

下顎前方移動装置 (MAD)

歯科装具(マウスピース)を睡眠中に装着することで舌や下あごを下顎が引き上げられて舌が前方に挙上され、さらに気道も拡大され、空気の通り道ができます。
当院では歯型を採取して下顎を前方に移動させて固定する装置である下顎前方移動装置を使用して治療を進めています。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群の治療方法として、有効とされている治療方法として鼻CPAP療法というものがあります。専用のマスクを装着し気道内に陽圧をかけて気道の閉塞を防ぐことにより無呼吸を治療します。ですがこの治療は装着に対しての違和感や抵抗感があるため、治療を断念してしまうケースが多々あります。

当院で扱っている下顎前方移動装置はこういったCPAPを試したが使えなかった方、旅行などでCPAPを使えないときに使用したい方に適しています。


下顎前方移動装置(保険適用MAD)
下顎前方移動装置<メリット>
・価格が安い

<デメリット>
・上下顎マウスピースを口腔内で固定するため固定位置を決めるのが非常に困難
・固定式のため違和感が強い
・調整が難しい(調整料は保険点数にありません)
・顎関節症を誘発する可能性が高い
・顎位が変化する可能性が高い

下顎前方移動装置(上下非固定式MAD TAP3)
下顎前方移動装置<メリット>
・非固定式のため下顎の自由度が高い
・下顎の移動量をミリ単位で調節可能患者自身で調節が可能
・内面が軟性シリコンのため装着感がいい
・顎関節症を誘発する可能性が低い
・顎位が変化する可能性が低い

<デメリット>
・特殊な加工が必要なため技工所が限られる(愛知)
・納期がかかる(2週間前後)

治療を開始するにあたっての注意点

歯周病・虫歯・極度の歯列不正がない安定した状態が必須のため、初回は歯科検診(口腔内写真・レントゲン診査)を行います。治療が必要な方は歯科治療が必要になります。

・歯周病が残存している場合 
悪化させてしまう可能性がある

・虫歯が残存している場合 
虫歯を治した場合MADを作り直す必要がでてくる

・歯列不正がある場合
MADそのものを製作することができない

上記に当てはまる場合は、すぐにMADの作製に取り掛かれないことが多くありますので、その際はご了承ください。

2017年4月24日

下顎前方移動装置 (MAD)の装着調整までの流れ

口腔内が健康になった状態から以下の流れで製作を開始します。

STEP1 診査診断
口腔内写真・顔貌写真・咽頭部写真・下顎最大移動量計測など口腔内の状態を細部まで診断します。

STEP2 MAD製作
上下顎の型を採得・下顎移動量にあわせ咬合採得
(製作に14日前後かかります)

STEP3 MADセット
MAD(TAP3)を口腔内にセットして調整します。
装置の取扱方法の説明や注意事項を説明し、運動指導も行います。

STEP4 MAD調整
定期的に経過を観察し、装置の調整を行います。

費用や詳細の内容などお知りになりたい方は当院までご連絡ください。


2016年6月 « トップへ » 2017年5月


インターネット予約


TOP