トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » ウトウトしている間にインプラント手術が行える【静脈内鎮静法】

ウトウトしている間にインプラント手術が行える【静脈内鎮静法】

インプラント「インプラントには興味があるけど、どうしても手術が怖い」という方も多いのではないでしょうか? そこで当院のインプラント手術では、提携している日本歯科大学病院や昭和大学病院の麻酔専門医による、静脈沈静法と呼ばれる特殊な麻酔方法を導入しています。

この麻酔の特徴は、半分寝たような状態で手術を受けられることです。ハンモックでゆらゆらと揺られているような、心地よくリラックスした状況で、もちろん治療中の記憶はほとんどありません。ですから、治療があっという間に終わる感覚です。この麻酔によって、多くの患者さまがインプラント治療を成功させています。

また、同様の効果がある「笑気吸入鎮静法」も導入しています。鼻の上に小さなマスクを乗せて、血圧や脈拍を安定させる低濃度の「笑気」と、心臓や脳の働きを正常に保つ高濃度の「酸素」を混合させた気体を吸い込むだけ。マスクを外せばすぐに元の状態に戻るので安心・安全です。当院では「さわやか診療」と呼んでいます。

どちらの鎮静法も生体情報モニタを使用し、常時心電図、血圧、心拍数、血中酸素飽和度を計測、記録を行いながら安全な処置を心がけております。


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » ウトウトしている間にインプラント手術が行える【静脈内鎮静法】


インターネット予約


TOP