トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » 長持ちするインプラントへ【FGG 遊離歯肉移植術】

長持ちするインプラントへ【FGG 遊離歯肉移植術】

インプラント治療を行うには様々な理由があります。

・虫歯が深く進行しすぎてしまい抜歯になってしまった
・神経の治療がうまくいかず抜歯になってしまった
・歯周病が悪化してしまい抜歯になってしまった
・ブリッジの土台が不慮の事故で歯が折れて抜歯になってしまった
・もともと歯がなかった

などが挙げられます。

様々な原因で歯を失い、入れ歯・ブリッジ・歯牙移植など多様な選択肢の中から、患者さまのメリット・デメリットを考慮し、インプラントを選択し施術を行うということになります。

ある一部の条件を除いては、歯が失くなるということは周りにあったはずの骨や歯肉もなくなっている可能性が高いです。


遊離歯肉移植術とは
インプラント周囲の歯肉が弱い場合や少なくて歯根が露出してしまっている場合に、固く締まった丈夫な歯肉を上顎の裏などから取って、必要な部位に移植する施術です。歯肉が弱いと歯磨きの摩擦や圧力に耐えることができず、歯肉が萎縮したり炎症を起こしたりすることが多いので、インプラントが長持ちしなくなってしまいます。歯ぐきの健康を維持し、インプラントを長持ちさせるためにも必要な施術となります。

インプラント治療を行った、あるいは行う予定の周りの歯肉について簡単にまとめてみました。

インプラント周囲の付着歯肉(非可動粘膜)の必要性


トップへ » 診療科目と料金 » インプラント » 長持ちするインプラントへ【FGG 遊離歯肉移植術】


インターネット予約


TOP