トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防歯科の種類

予防歯科の種類

PMTC予防歯科
PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、 歯科医師や歯科衛生士が専用の器具とペーストを使って、通常の歯みがきでは落としきれない歯の表面の汚れや歯垢、バイオフィルムなどを除去(クリーニング)する方法です。

PMTCによるクリーニングには、虫歯や歯周病を防ぎ、強く美しい歯を保つ効果があります。痛みもなく、時間もかかりません。

スケーリング予防歯科
スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去する治療法で、当院では基本的に歯科衛生士が担当しています。超音波を使用して石灰化した歯石まで簡単に除去できる上、保険を適応できるため、比較的安価な治療でもあります。

ルートプレーニング予防歯科
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることが難しいケースがあります。ルートプレーニングとは、この奥深くの歯石や感染した歯質を専用の器具を使って徹底的に除去し、歯根面を滑沢にして歯石の再付着を防ぐ方法です。通常、局所麻酔を用いて治療しますので、痛みはありません。

リナメルトリートメント
リナメルトリートメントは、専用のペーストを使ったトリートメントケアで、エナメル質の表面を、美しくなめらかにします。ツルツルとなめらかになった歯面には歯垢が付着しにくいので、プラークコントロールに役立ちます。

ブラッシング指導予防歯科
毎日きちんと歯みがきをしているのに虫歯になってしまう、という方がいらっしゃいます。しかし、そういうケースでは、きちんと磨いているつもりでも、実は歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っているのです。

効果的に歯を磨くためには、歯の隅々まできちんとブラシが届き、汚れを落とすことができるよう、 自分の歯の状態に合った正しい磨き方を知ることが必要です。当院では、患者さま一人ひとりのお口の状態や歯並びなどを考慮して、個々に最適な正しいブラッシング方法を指導しています。

シーラント
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らず、毎日歯みがきをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。

フッ素塗布
フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制するといった効果があるので、フッ素塗布を定期的に行うことにより、虫歯や歯周病を予防することができます。当院では、フッ素塗布は無料サービスとなっていますので、ぜひ定期的に受診してください。


トップへ » 診療科目と料金 » 予防歯科 » 予防歯科の種類


インターネット予約


TOP