トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

審美歯科歯が欠けたり抜けたりしたとき、そのままにしておくと噛み合わせのズレなどによって、さまざまなトラブルの原因となります。歯根が残っている場合はインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、残っていない場合はブリッジや部分入れ歯などが一般的な治療方法です。

修復部分が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は「インレー」を行います。そして、患部が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は「クラウン」という被せ物をします。

また、被せ物によって歯全体の形を変えることも可能なので、クラウンは歯並びの矯正をしたいときに用いられることもあります。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン


インターネット予約


TOP