トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 審美歯科の種類

審美歯科の種類

オールセラミックス/Emax審美歯科
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックスのメリット>
●短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
●歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
●金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<オールセラミックスのデメリット>
●歯を削る量が比較的多い
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

ジルコニア審美歯科
人工ダイヤモンド素材をセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<ジルコニアのメリット>
●天然歯の色調と合わせやすい
●奥歯を白くしたい方や歯ぎしりをされる方に最適
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

メタルボンド(プレミアムメタルセラミックス)審美歯科
メタルボンドとは、金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯の総称です。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができる上に、土台に使用した金属が、より強度を高めています。

当院では、セラミックスの内側の金属を精度の高い金属でコーティングすることで耐久性を高めた「プレミアムメタルセラミックス」を扱っています。

<メタルボンドのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

ゴールドインレー審美歯科
ゴールドインレーとは、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたインレーです。これらの貴金属は非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。

また、使用する金属の種類によっては硬すぎず、適合も良い点が特徴で、噛み合わせる相手の歯にも優しく、奥歯の治療などに適しています。ただし、耐久性には優れていますが、色を気にされる方も少なくありません。


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科 » 審美歯科の種類


インターネット予約


TOP