トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 小児歯科の虫歯予防

小児歯科の虫歯予防

シーラント小児歯科
シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の溝は複雑な形をしているために歯ブラシの毛先が入らず、磨き残しが蓄積しやすいのですが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことができます。

シーラントは特に生えたての奥歯の虫歯予防に有効な治療法なので、乳歯の生えはじめの2~3歳ごろや、永久歯の生えはじめの6~7歳ごろに行うのが適しています。一人ひとりの治療時期や治療の有効性は、カリエスリスク検査や歯周病リスク検査の結果、および歯の成長段階を考慮してご提案させていただきます。

フッ素塗布
フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させたりする効果があります。定期的にフッ素を塗布することによって、虫歯や歯周病を予防できます。

ブラッシング指導小児歯科
虫歯や歯周病の原因のほとんどはブラッシング不足です。「磨いている」と「磨けている」には大きな差があり、毎日しっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見られるのです。

そこで当院では、一人ひとりのお口の状態や歯並びなどに合った正しいブラッシング指導を行っています。

デンタルフロス指導
歯ブラシの先が入り込めないような歯と歯の間の歯垢の清掃には、デンタルフロスという糸状の道具を使います。歯間を清掃する物には歯間ブラシなどもありますが、歯間部が狭くて歯間ブラシが入らない部分などにデンタルフロスを使用します。

デンタルフロスの使用は、虫歯や歯周病の原因になる歯垢を取るだけでなく、歯肉をマッサージすることによって血行を良くし、バイ菌に対する抵抗力を強めることにもつながりますので、その使い方を衛生士がしっかり指導します。

食育指導
甘い物が虫歯を誘発することが周知の事実であるように、虫歯予防と「食」とは切り離せない関係にあります。そこで当院では、適切な食事内容やおやつの取り方などの食育指導も行っています。


トップへ » 診療科目と料金 » 小児歯科 » 小児歯科の虫歯予防


インターネット予約


TOP