トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 大切な歯を抜かずに残すための治療法

大切な歯を抜かずに残すための治療法

根管治療

虫歯の初期の状態では、歯を削って詰め物を入れることで症状は改善されます。ところが、虫歯が神経にまで達して炎症が起きてしまった場合は、麻酔をして歯を大きく深く削り、患部を完全に除去しなければ、抜歯するしかなくなるケースが多くなります。

こういった状況の歯を助けるために行うのが「根管治療」です。当院では、この根管治療に力を入れ、できるだけ抜かずに、歯を残すための治療を心がけています。

<根管治療が有効な症状>
●虫歯が悪化して「歯を抜くしかない」と言われたケース
●歯の神経を抜いたのに痛みが取れなかったり、歯ぐきが腫れたりするケース
●歯の根の治療をしているのに、痛みが再発してしまうケース


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 大切な歯を抜かずに残すための治療法


インターネット予約


TOP