トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 根管治療の流れ

根管治療の流れ

患者さまの歯の状態によって、治療の手順や通院期間は異なりますが、大きな流れとしては以下のとおりです。もちろん、しっかり麻酔をした上で治療を行いますので、痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ根管治療
【1】ラバーダムという器具を用いて、口腔内細菌による汚染を防ぐ
次へ
【2】虫歯になった部分を器具を使って除去する
次へ
【3】神経のスペースに治療しやすいよう穴をあける
次へ
【4】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
   ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします
次へ
【5】炎症が起こっている根管の先まで薬を詰めて、菌が入ってこないように根管を封鎖する
次へ
【6】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける

根の病気と治療 歯髄炎の場合
根の病気と治療 歯髄炎の場合

根の病気と治療 根尖性歯周炎の場合
根の病気と治療 根尖性歯周炎の場合


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 根管治療の流れ


インターネット予約


TOP