トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 薬を詰める方法にこだわっています

薬を詰める方法にこだわっています

根管治療で最も重要になるのが「根管の先まで隙間なく、薬剤(MTAあるいはガッタパーチャーという充填材)を緊密に詰めること」です。これが、再発を防ぐための重要ポイントですので、当院では、側方加圧根充垂直加圧根充の2つの治療方法を併用して行っています。

根管治療

歯の根の感染部分を除去したあと、マスターポイント(主となるガッタパーチャポイント)を1本入れ、残りの隙間にアクセサリーポイント(先端のとがったガッタパーチャポイント)を入れて詰めていきます。細い針状のガッタパーチャーを側方に加圧しながら何本も詰める治療法が「側方加圧根充」です。

側方加圧根充は、比較的治療がしやすいことから広く採用されている方法ですが、隙間ができやすく、尖端が枝分かれしていたり曲がっていたりする根管では、緊密に充填することが困難です。

一方、専用の器材を使って加熱軟化したガッタパーチャーに、垂直圧をかけて充填する方法が「垂直加圧根充」です。難しい治療方法ですが、根管の隅々まで緊密に充填することが可能です。

精密な治療を心がけております
根管治療を成功させるために大切なことは、何を充填させるか(根充剤の種類など)ということよりも、その過程(感染した部分を残さずきれいに除去する工程や、充填剤を隙間なく詰める工程)です。

根管治療
また当院では、精密根管治療はラバーダムを使用しています。ラバーダムとは、精密根管治療などの際に歯に装着する、ゴムのシートのようなものです。

ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。また、精密根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマーなどの誤飲・誤嚥の防止にも役立つので、当院では、精密な治療の実現と患者さまの安全のために使用しています。

根管は細く、複雑に曲がりくねっている上に、その形状は歯1本1本で異なっています。その先端まできれいにし、隙間なく緊密に薬を充填するためには、マイクロスコープによる精密な治療と、それぞれの状況に応じて充填方法を使い分ける、丁寧で精密な工程こそが重要なのです。




トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療 » 薬を詰める方法にこだわっています


インターネット予約


TOP