トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » 入れ歯の種類

入れ歯の種類

パーフェクトデンチャー入れ歯
通常のレジン樹脂と軟性樹脂との2種類の材料で構成された入れ歯です。内面に軟らかい素材が裏打ちされているので歯肉にやさしく、痛みの少ない点が特徴。さらには、咬合圧を全体に分散するので噛み心地も抜群です。あご裏の粘膜面に良くなじむので、外れにくい点でも優れています。

ノンスクラスプデンチャー入れ歯
ノンスクラスプデンチャー は、金属のバネで支えるのではなく、歯肉と同じ色の樹脂で支える入れ歯です。樹脂が柔らかくて軽いので装着時の違和感が少なく、外からバネが見えないため目立ちにくいのが特徴です。

金属床入れ歯
上あごと密着する部分が金属でできている入れ歯で、当院では「チタン床」と「コバルトクロム床」をご用意しています。総入れ歯のほか、部分入れ歯にも対応しています。

●コバルトクロム金属床入れ歯
床部分が薄く、熱が伝わりやすい点が特徴。食べ物の温度を感じ取ることができるので食事の際の違和感が少なく、プラスチックの入れ歯を使用したときよりも食事を美味しく感じることができます。

●チタン金属床入れ歯
コバルトクロムの特徴に加えて、生体親和性が良いことから、金属アレルギーを持っている方でも安心して使える入れ歯です。コバルトクロムより薄くて軽く、快適な付け心地です。


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯) » 入れ歯の種類


インターネット予約


TOP