トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 生活習慣を見直しましょう

生活習慣を見直しましょう

子ども時代から始める歯周病予防歯周病治療
生まれつき歯周病だという方はいません。歯周病は、生活の中で生じる慢性病なのです。それだけに、小さなときから予防を習慣化することで、将来にわたって歯周病になりにくい口腔環境を作っていくことができます。

予防が重要であることは、歯周病に限ったことではありません。乳歯のシーラントや小児矯正などによって、虫歯になりにくい口腔環境を整えていくことは、しっかりとしたプラークコントロールを可能とし、総合的に「歯を残すこと」へとつながっていくのです。

とは言っても、お子さま自身が「将来の歯の状況」を考えられるわけではないので、ご家族の「お口の中への考え方、予防のとらえ方」が重要なのです。当院では、お子さまへの歯みがき指導や食育的な指導も行っていますので、ぜひ、ご家族揃って予防に取り組んでいただきたいと思います。

歯ブラシの交換も大切な予防法です
毎日使っている歯ブラシにも、歯周病菌の繁殖は見られます。正しいブラッシングを行っていても、歯ブラシに繁殖した歯周病菌を毎日お口の中に戻していては台無しです。歯ブラシを定期的に交換することも大切な予防です。

一般的には、通常の歯ブラシでは1か月、電動歯ブラシでは2~3か月が交換時期の目安ですが、歯ブラシの種類によっても異なります。当院では、ブラッシング方法を指導すると共に、適切な歯ブラシの交換時期についてもアドバイスさせていただきますので、お気軽にご質問ください。


トップへ » 診療科目と料金 » 歯周病治療 » 生活習慣を見直しましょう


インターネット予約


TOP