トップへ » 診療科目と料金 » MTA直接覆髄法 » MTA直接覆髄法

MTA直接覆髄法

MTA直接覆髄法神経がなくなった歯はもろくなり、割れやすくなってしまいます。
そのため、歯の神経は極力抜かないようにすることが、歯の寿命を伸ばすために必要なのです。

虫歯を除去し神経が露出する場合でも、神経を残すMTAによる直接覆髄法という治療を当院では行っています。

MTAMTA直接覆髄法2
1993年に米国ロマリンダ大学のDr.Mahmoud Torabinejadらにより、根管穿孔部位を封鎖する材料として開発されました。1998年以降に欧米各国で発売され、日本では2007年に発売が開始されました。
それ以降、多数の症例に使用されており、高い臨床評価が得られている材料です。

当院のMTAによる直接覆髄法は、Pro Root MTAなど複数の材料を症例に合わせて選択しています。


MTAによる直接覆髄法の治療例MTA直接覆髄法3
この患者さまは、冷たいものや熱いものを食べても特に症状がない状態でしたが、レントゲン写真から一番奥の銀歯の内部で虫歯になっていることが疑われました。

銀歯を除去したところ、銀歯の下で神経に達しているかもしれない虫歯がありました。
次へ
MTA直接覆髄法4まずは唾液や血液による汚染を防ぐために、外周および浅い部分の虫歯を除去して光重合型レジンで隔壁をつくります。
(このときはまだ歯髄付近に虫歯を残しています)

その後、ラバーダムを使用して、口腔内細菌による汚染を防ぎます。
次へ
MTA直接覆髄法5隔壁製作時に残していた虫歯を除去すると、やはり神経が露出しました。

通常の治療であれば神経を抜く治療に移行しますが、神経を残すためMTAによる直接覆髄法を行っていきます。
次へ
MTA直接覆髄法6マイクロスコープや拡大鏡下にて、周囲の虫歯を完全に除去したのを確認したあと、Pro Root MTAを丁寧に詰めていきます。
次へ
MTA直接覆髄法7光重合型レジンで密封します。

経過観察後、神経が生きていることを確認し、症状が安定していれば最終的な詰め物をして治療は終了です。

当院ではMTAのおかげで、歯の神経を抜くケースが非常に减少しました。
虫歯の大きさや歯根破折などにより適応できない場合もありますが、非常に有効な治療法だと考えています。
お気軽にご相談ください。


やむおえず歯の神経を抜かなければいけない場合(根管治療)


トップへ » 診療科目と料金 » MTA直接覆髄法 » MTA直接覆髄法


インターネット予約


TOP