トップへ » 診療科目と料金 » 虫歯治療 » 虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行と治療方法

虫歯の進行は、CO~C4までの5段階に区分されています。各段階によって、治療方法にも違いが出てきます。また、一度治療が終了した歯でも、毎日のケアを怠ってしまうと二次カリエス(虫歯)を再発させてしまうことがあります。そうならないためにも、定期的なメインテナンスをおすすめします。

co【Co(シーオー:初期う蝕)】
虫歯の初期状態です。まだ歯に穴が開いていない状態を指します。虫歯抑制効果のあるフッ素とキシリトールにより、歯を再石灰化させることで改善できます。

c1【C1(エナメル質う蝕)】
歯の表面のエナメル質が溶けて黒くなった状態です。まだ痛みはありません。菌に浸蝕された部分を削って、充填剤を詰めるという治療を行います。

c2【C2(象牙質う蝕)】
歯の表面の下にある象牙質まで虫歯が達した状態です。まだ神経まで達しておらず、強い痛みはありません。麻酔を用い、削って型を取り、出来上がったものを詰める治療方法です。

c3【C3(神経まで達したう蝕)】
虫歯が歯の根管を通っている神経にまで達した状態です。温かいものがしみたり、噛み合わせたりすると痛みが生じます。麻酔をしてから歯を大きく深く削り、その部分に被せ物をします。場合によっては神経を抜くこともあります。

c4【C4(残根状態)】
虫歯を放置し、神経が死んでしまった歯の状態です。虫歯菌によって心臓病や腎臓病を引き起こす可能性もあります。根管治療で歯の根の治療を行います。場合によっては、抜歯となるケースもあります。

【神経を抜かなければならない場合】
精密に根管治療をすることで天然の歯をながく保存することが可能です。

>>> 詳細記事はこちら 


トップへ » 診療科目と料金 » 虫歯治療 » 虫歯の進行と治療方法


インターネット予約


TOP