トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科

歯の健康とトータルバランスを重視した審美治療

審美歯科

審美歯科とは、歯の白さや歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療全体を指す言葉です。歯の機能を修復するためのみならず「笑うと銀歯が見えて気になる」「白い歯になって笑顔に自信を持ちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法が登場しています。

ただし、きれいに見せるためだけに健康な歯を削ったり抜いたりすることはあまりお勧めできません。どんなに美しい人工物であっても、天然の歯に勝る物はありません。そのため当院では、審美歯科においても、できる限り自分の歯を残すことを念頭において取り組んでいます。

また、咀しゃく力の高さや長持ちするといった機能性はもちろん大切ですが、見た目の美しさも軽視することはできません。重要なのは、全体のトータルバランスです。白さだけでもなく、機能性だけでもない、「トータル美」を目指して、患者さまに最適な治療をご提案しています。

優れた技工士との連携

審美歯科審美歯科のレベルを決める大きなポイントは、技工士の「腕」でもあります。当院では、技術力に定評のある技工士さんとの連携によって、美しさと機能性を併せ持ち、フィット感にも優れた加工を実現しています。

さらに、技工が難しい症例の場合には、技工士さんにも診療に立ち会っていただき、実際に口元を診てもらうケースもあります。そういうステップを省かず、慎重に治療を進めることで、より精度の高い技工物を作ってもらっています。

詰め物・被せ物は自由診療となります。それだけに、精密な印象(型とり)、精密な模型を製作し、一つひとつ作り上げていきます。これはまさに職人技。世界にひとつのあなただけの詰め物・被せ物をご提供いたします。

修復箇所の状態によって使い分けるインレーとクラウン

審美歯科歯が欠けたり抜けたりしたとき、そのままにしておくと噛み合わせのズレなどによって、さまざまなトラブルの原因となります。歯根が残っている場合はインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、残っていない場合はブリッジや部分入れ歯などが一般的な治療方法です。

修復部分が比較的小さく、咬頭(噛み合わせをする歯の先頭部)を残せる場合は「インレー」を行います。そして、患部が大きく、削る面積も大きくて咬頭を残すことができない場合は「クラウン」という被せ物をします。

また、被せ物によって歯全体の形を変えることも可能なので、クラウンは歯並びの矯正をしたいときに用いられることもあります。

審美歯科の種類

オールセラミックス/Emax審美歯科
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、審美性に優れていることから主に前歯の治療に適しています。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や噛み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックスのメリット>
●短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
●歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる
●金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

<オールセラミックスのデメリット>
●歯を削る量が比較的多い
●保険外の治療なので、値段が比較的高くなる

ジルコニア審美歯科
人工ダイヤモンド素材をセラミックで覆い、しっかり焼き付けた人工歯です。自然な白さと強度があり、奥歯の治療や歯ぎしりをされる方にも適しています。

<ジルコニアのメリット>
●天然歯の色調と合わせやすい
●奥歯を白くしたい方や歯ぎしりをされる方に最適
●金属不使用なのでアレルギーが起こりにくい

メタルボンド(プレミアムメタルセラミックス)審美歯科
メタルボンドとは、金属の上からセラミック(陶器)素材で覆い、しっかり焼き付けた人工歯の総称です。金属部分が見えないため見た目がきれいで、セラミックによって天然歯に近い色調や質感を再現することができる上に、土台に使用した金属が、より強度を高めています。

当院では、セラミックスの内側の金属を精度の高い金属でコーティングすることで耐久性を高めた「プレミアムメタルセラミックス」を扱っています。

<メタルボンドのメリット>
●表面硬度が高く、摩耗しにくい
●色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
●歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
●オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

ゴールドインレー審美歯科
ゴールドインレーとは、金合金や白金加金(金にプラチナを加えたもの)で作られたインレーです。これらの貴金属は非常に錆びにくいため、金属の溶け出しによる二次的な虫歯、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がありません。

また、使用する金属の種類によっては硬すぎず、適合も良い点が特徴で、噛み合わせる相手の歯にも優しく、奥歯の治療などに適しています。ただし、耐久性には優れていますが、色を気にされる方も少なくありません。

保険外の治療(自由診療)について

審美歯科保険外の治療(自由診療)は、材料や治療方法・治療時間に制約がなく、十分な時間をかけて精密な治療を行なうことができます。そのため治療の質は保険の場合よりも良くなる可能性が高まります。

保険外の治療(自由診療)の詰め物や被せ物についても、精密な模型を製作して時間をかけて丁寧に仕上げるため、限りなく隙間のない詰め物や被せ物を制作することができます。

丁寧に仕上げた詰め物や被せ物は、治療後の経過も良く、再治療のリスクを抑えることができるのです。結果として、保険治療に比べ自費治療の方がずっと長持ちすることになるのです。

「自由診療と保険診療の違い」はこちら


トップへ » 診療科目と料金 » 審美歯科


インターネット予約


TOP