トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング

天然歯の白さを再び

ホワイトニング

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を用いて歯を白くする治療法です。コーヒー・お茶・赤ワインなどの飲食で付いた歯の汚れや、タバコでついたヤニ、加齢によって黄色く変色した歯などを、歯を削ることなく白く輝く歯にすることができます。

歯の白さや輝きは、顔の印象を大きく左右するポイントです。それだけに、ホワイトニングで白い歯を手に入れて「思い切り笑えるようになった」「人とのコミュニケーションが楽しくなった」という声も多く耳にします。

また、ご自身の結婚式はもちろんのこと、パーティーや結婚式への出席を控えている方のご利用も増えています。あなたもぜひ、好印象を与える口元をホワイトニングで実現してみませんか?

ホワイトニングの種類

ホワイトニングホワイトニングには大きく分けて2つの種類があります。ひとつは歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」。これは、歯の表面をクリーニングしたあとに、過酸化水素水を含んだ薬剤を塗布しレーザーをあてることで、薬剤の歯への浸透を強めます。即効性があるのが特徴です。

もうひとつは自宅で行う「ホームホワイトニング」。これは歯の形に合わせたトレーを作成し、ご自身で薬剤を歯に作用させることで、約2週間で歯を白くすることができます。お好きな時間にホワイトニングができるので、忙しい方にオススメです。

さらに、オフィスホワイトニングのメリットと、ホームホワイトニングのメリットを合わせた「デュアルホワイトニング」もあり、当院ではこの方法を行っています。

デュアルホワイトニング
デュアルホワイトニングは、短期でホワイトニングを実現するオフィスホワイトニングのメリットと、効果が長持ちするホームホワイトニングのメリットを合わせた治療法で、ホワイトニングの中でも最も効果が高い方法です。

オフィスホワイトニングである程度白くしたあと、ご自宅でホームホワイトニングをしていただくことで、短期間でホワイトニングの効果を得られ、後戻りも防ぐことができます。

また、ホームホワイトニングを行ったものの、色の変わりにくい歯が1本だけ残ってしまったり、あるいは歯の根元など、歯の構造上もともと色が変わりにくい部分が気になったりすることもあります。そういった部分だけにオフィスホワイトニングを行うことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

<ホワイトニングのメリット>
・歯を傷つけることなく白くできる
・自分で色の調節ができる
・ほかの治療と比べて費用が安い

<ホワイトニングのデメリット>
・人によって効果にばらつきがある
・後戻りが起こることがある

ホワイトニング剤へのこだわりと工夫ホワイトニング
ホワイトニング剤にはさまざまな種類がありますが、当院では、患者さまの安全面を第一に考えて選択しています。主に使用するのは、オフィスでは「ティオン」、ホームでは「オパールエッセンス」といった厚生労働省から認可されたホワイトニング剤で、臨床試験において安全性と有効性が認められています。

さらには、効果の現れ方や適合性を確認しながら、ホームでもティオンが使用できるようにしたり、オパールエッセンスのターボという強力な薬剤を処方するなど、患者さまのニーズに合わせた治療を行っています。

リラックスできる環境でホワイトニングが受けられます
オフィスホワイトニングは、プライバシーが守られる個室で受けていただきます。静かで落ち着いた環境と、院内全体に使用しているアロマによって、心地よくリラックスしていただけます。

ホワイトニングの症例はこちら

歯肉ホワイトニング

歯肉ホワイトニング歯肉が黒ずむ最も多くの理由は、メラニン色素の沈着によるものです。皮膚が日焼けで黒くなるのは、紫外線から皮膚を守るためにメラニン色素が分泌されるためですが、歯肉も同様にタバコなどの刺激から守るために、メラニン色素が作られて黒くなります。

メラニン色素は歯肉の浅い部分に沈着しているため、薬品を塗布する歯肉ホワイトニングで簡単にピンク色の歯肉を取戻すことができます。


歯肉ホワイトニングの症例

症例1
歯肉ホワイトニング

症例2
歯肉ホワイトニング

予防治療を行ってから、ホワイトニングを

ホワイトニングホワイトニングを行う際は、事前に十分な予防治療を行うことを推奨しています。もし、虫歯や歯周病などを患っていた場合、ホワイトニング剤の塗布がダメージとなり、口腔内の健康を大幅に損なってしまう可能性があるからです。

お口のダメージがライフスタイルに与える影響は、話す・食べるといった日常生活の基本活動はもちろんのこと、ビジネスシーンや家事・育児など多岐に及びますので、その点にだけは十分な注意が必要です。ぜひ、予防治療を行ってからホワイトニングを実行しましょう。

予防歯科はこちら


トップへ » 診療科目と料金 » ホワイトニング


インターネット予約


TOP