トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療

大切な歯を抜かずに残すための治療法

根管治療

虫歯の初期の状態では、歯を削って詰め物を入れることで症状は改善されます。ところが、虫歯が神経にまで達して炎症が起きてしまった場合は、麻酔をして歯を大きく深く削り、患部を完全に除去しなければ、抜歯するしかなくなるケースが多くなります。

こういった状況の歯を助けるために行うのが「根管治療」です。当院では、この根管治療に力を入れ、できるだけ抜かずに、歯を残すための治療を心がけています。

<根管治療が有効な症状>
●虫歯が悪化して「歯を抜くしかない」と言われたケース
●歯の神経を抜いたのに痛みが取れなかったり、歯ぐきが腫れたりするケース
●歯の根の治療をしているのに、痛みが再発してしまうケース

精密根管治療 破折片除去の様子

噛んだ時の違和感が消えず、歯根の先に病変があり他院にて抜歯と診断された歯の治療です。

治療を行うためには根管内に残っている異物を除去する必要があります。すべてが除去できるわけではありませんが、多くは治療が可能です。

マイクロスコープにより 超音波チップを用いて除去しています。
当院ではこのように精密な治療には最新の機器を使用することで患者様の安全に配慮した治療も選択可能です。

具体的な治療内容と根管治療の重要性

根管治療具体的な治療方法としては、まずは、歯の神経が入っていた部分(根管)を、専用の器具を使ってきれいに洗浄し、薬を詰めたあとで詰め物をします。根管は、建物で言えば「基礎/基盤」にあたるものなので、歯を健康的に長持ちさせるためには適切な治療を行う必要があります。

根管治療が不十分なまま被せ物で外側を修復しても、後々根の先端が化膿して歯を失うことになってしまったり、 再治療が必要になったりしてしまいます。そのため、根管治療には綿密な歯科技術が必要とされます。

マイクロスコープによる精密な治療

根管治療根管治療が不十分な状態というのは、薬液が根管の先まで詰められていない状態や、治療跡が根の先から飛び出てしまっている状態です。その原因は、見えないところを手先の感覚や経験だけを頼りに治療するしかなったこと、によるものでした。

そこで、ドクターの強力な武器となるのが「マイクロスコープ」と呼ばれる顕微鏡です。最大で肉眼の約25倍にクローズアップされた状態で処置できるため、根管の中までしっかり確認でき、確実な治療を行うことが可能となっています。

肉眼との比較
肉眼とマイクロスコープで見た際に、比較した図です。
根管治療  根管治療
 肉眼                       20倍

根管治療  根管治療
 肉眼                       マイクロスコープ

根管治療の流れ

患者さまの歯の状態によって、治療の手順や通院期間は異なりますが、大きな流れとしては以下のとおりです。もちろん、しっかり麻酔をした上で治療を行いますので、痛みはほとんどありません。

根管治療の流れ根管治療
【1】ラバーダムという器具を用いて、口腔内細菌による汚染を防ぐ
次へ
【2】虫歯になった部分を器具を使って除去する
次へ
【3】神経のスペースに治療しやすいよう穴をあける
次へ
【4】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去する
   ※この際、必要があれば、抜髄(ばつずい)という神経を取る処理をします
次へ
【5】炎症が起こっている根管の先まで薬を詰めて、菌が入ってこないように根管を封鎖する
次へ
【6】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける

根の病気と治療 歯髄炎の場合
根の病気と治療 歯髄炎の場合

根の病気と治療 根尖性歯周炎の場合
根の病気と治療 根尖性歯周炎の場合

薬を詰める方法にこだわっています

根管治療で最も重要になるのが「根管の先まで隙間なく、薬剤(MTAあるいはガッタパーチャーという充填材)を緊密に詰めること」です。これが、再発を防ぐための重要ポイントですので、当院では、側方加圧根充垂直加圧根充の2つの治療方法を併用して行っています。

根管治療

歯の根の感染部分を除去したあと、マスターポイント(主となるガッタパーチャポイント)を1本入れ、残りの隙間にアクセサリーポイント(先端のとがったガッタパーチャポイント)を入れて詰めていきます。細い針状のガッタパーチャーを側方に加圧しながら何本も詰める治療法が「側方加圧根充」です。

側方加圧根充は、比較的治療がしやすいことから広く採用されている方法ですが、隙間ができやすく、尖端が枝分かれしていたり曲がっていたりする根管では、緊密に充填することが困難です。

一方、専用の器材を使って加熱軟化したガッタパーチャーに、垂直圧をかけて充填する方法が「垂直加圧根充」です。難しい治療方法ですが、根管の隅々まで緊密に充填することが可能です。

精密な治療を心がけております
根管治療を成功させるために大切なことは、何を充填させるか(根充剤の種類など)ということよりも、その過程(感染した部分を残さずきれいに除去する工程や、充填剤を隙間なく詰める工程)です。

根管治療
また当院では、精密根管治療はラバーダムを使用しています。ラバーダムとは、精密根管治療などの際に歯に装着する、ゴムのシートのようなものです。

ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。また、精密根管治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマーなどの誤飲・誤嚥の防止にも役立つので、当院では、精密な治療の実現と患者さまの安全のために使用しています。

根管は細く、複雑に曲がりくねっている上に、その形状は歯1本1本で異なっています。その先端まできれいにし、隙間なく緊密に薬を充填するためには、マイクロスコープによる精密な治療と、それぞれの状況に応じて充填方法を使い分ける、丁寧で精密な工程こそが重要なのです。



隔壁製作(唾液を根管内に持ち込まないために)

隔壁製作1

根管治療を行う場合もうすでに神経を抜いてあるかどうかで処置が変わることがあります。

過去に他院で処置したセラミック冠のかぶっている歯に根尖病変ができてしまい噛んだときの痛みが消えないため冠を除去し感染根管治療を行う症例です。


隔壁製作2

深い虫歯で神経を抜く場合や神経の治療のやり直しの場合ほとんど下の歯の状態のように虫歯で歯冠部分がなくなってしまっている場合があります。


隔壁製作3

穴のあいたセラミックス冠をはずし中の虫歯を除去したところです。 比較するとこのように低くなってしまっています。


隔壁製作4

このままだと歯肉周囲から出る血液や滲出液,唾液などが根管に混入してしまうため それを防ぐ壁を作る必要があります。 まず根面を処理し


隔壁製作5

光重合型レジンにて隔壁製作をします。


隔壁製作6

横から見るとこのようになります。


隔壁製作7

根管洗浄後
水硬性のセメントとセメントで二重仮封して本日は終了となります。


隔壁製作8

これで根管治療の前準備が整いました。 次回からラバーダム防湿をおこない根管治療を行っていくことになります。 一つ一つの治療を的確に積み重ねることで多くの歯を保存することが可能になると思います。

根管治療は複雑で非常にわかりにくいと思います。 疑問な点はお気軽にご相談ください。


保険診療でもしっかり対応

マイクロスコープによる精密な根管治療は自由診療ですが、保険診療での根管治療も、豊富な経験と綿密な歯科技術でしっかり対応しています。但し、保険診療のルールに基づいた治療対応になります(詳しくは下記の表をご覧ください)。

精密根管治療 保険適用の根管治療
適用 最善の治療を選択できる 保険診療のルール
概要 ・マイクロスコープ、ニッケルチタンファイルの使用
・厳重な無菌的処置
・手順や材料にこだわり、最新の治療法で歯にとって最善をつくすことができる
・時間をかけて丁寧に治療ができる(保険診療の2倍程度)
・従来通りの治療
・現在の治療レベルに比べて最低限レベルの治療
検査・診断 歯科用CT撮影を必要に応じて行います 2次元レントゲン
治療時間 1回 60~270分 1回 30分
通院回数 少ない(1~3回) 多い(4~9回)
精密治療 高性能マイクロスコープを使用 拡大ルーペ
無菌的治療 使用する器具を徹底的に滅菌し、可能な限り使い捨ての器具を使用 必要最低限の対応
使用薬剤 効果が認められているが保険の認可が下りていない薬剤を、患者さまの同意のもと歯科医師の裁量で使用することができる 保険で認められたものに限る
根管内消毒 十分な濃度の消毒薬による化学的清掃ができる 必要最低限
根管治療の成功率 90%以上 50~60%
費用 1根管の歯:7万円~/1歯
2根管の歯:9万円~/1歯
3根管の歯:15万円~/1歯
※※感染根管・弯曲根管・破折片除去の場合、上記料金に追加される場合があります。
保険適用(数千円/1歯)


トップへ » 診療科目と料金 » 根管治療


インターネット予約


TOP