トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)

フィット感や安定感のある入れ歯をご提供します

入れ歯

失ってしまった歯を補うには「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法があります。その中のひとつである入れ歯は、手入れが面倒だったり、周囲の健康な歯に負担をかける可能性があったりといった欠点がありますが、一方では、手術不要で簡単に扱えるという利点もあります。

総入れ歯の場合は、歯肉全体で歯を支えることが可能ですし、入れ歯でしか回復できない機能や利点もあります。ですが、体にとって「異物」であることには変わりないので、使えればいいというのではなく、個々のお口へのフィット感が高く、咀しゃくが快適であることが重要です。

また、部分入れ歯の場合には、周囲の歯とのバランスや調和を損なわないためにも、より快適で異物感の少ない素材を使用し、審美性も兼ね備えたものを提供したいと考えます。さらに重要となるのが、残存している歯を守るための設計です。そういった総合的な機能を有する入れ歯を作成するのが「プロ」なのです。

「患者さまのご要望」が入れ歯製作の第一歩

入れ歯当院の入れ歯治療では、まず患者さまのお話やお悩みをしっかりヒアリングします。そして、予算を考慮した素材の選択、見栄え、お手入れの面やアフターケアなど、さまざまな面の調和を考えた調整をモットーとしています。

「費用が心配」「価格は少し高くても、入れ歯であることが目立たない物がいい」「面倒な手入れは苦手なので、ケアが簡単な物を」など、患者さまが最も重要とするポイントは十人十色です。

保険適用で手軽に作れる物もありますが、患者さまのお口に合う物でなければ、心身に負担やストレスを与えてしまう結果になることが多いのも事実ですので、まずは遠慮なく、患者さまのご要望をお聞かせください。その上で、ご希望やライフスタイルに合った最適な選択をお手伝いいたします。

入れ歯の種類

パーフェクトデンチャー入れ歯
通常のレジン樹脂と軟性樹脂との2種類の材料で構成された入れ歯です。内面に軟らかい素材が裏打ちされているので歯肉にやさしく、痛みの少ない点が特徴。さらには、咬合圧を全体に分散するので噛み心地も抜群です。あご裏の粘膜面に良くなじむので、外れにくい点でも優れています。

ノンスクラスプデンチャー入れ歯
ノンスクラスプデンチャー は、金属のバネで支えるのではなく、歯肉と同じ色の樹脂で支える入れ歯です。樹脂が柔らかくて軽いので装着時の違和感が少なく、外からバネが見えないため目立ちにくいのが特徴です。

金属床入れ歯
上あごと密着する部分が金属でできている入れ歯で、当院では「チタン床」と「コバルトクロム床」をご用意しています。総入れ歯のほか、部分入れ歯にも対応しています。

●コバルトクロム金属床入れ歯
床部分が薄く、熱が伝わりやすい点が特徴。食べ物の温度を感じ取ることができるので食事の際の違和感が少なく、プラスチックの入れ歯を使用したときよりも食事を美味しく感じることができます。

●チタン金属床入れ歯
コバルトクロムの特徴に加えて、生体親和性が良いことから、金属アレルギーを持っている方でも安心して使える入れ歯です。コバルトクロムより薄くて軽く、快適な付け心地です。


トップへ » 診療科目と料金 » 義歯(入れ歯)


インターネット予約


TOP