トップへ » 初めての方へ » 精密な治療で大切な歯を残す

精密な治療で大切な歯を残す

マイクロスコープによる精密な治療マイクロスコープ
歯科治療では、暗くて狭い口腔内において、肉眼では確認できないほどの細かい作業が必要とされます。そこでドクターの強力な武器となるのが、歯科用マイクロスコープと呼ばれる歯科診療用実態顕微鏡です。歯科用マイクロスコープを用いることにより、歯を4~20倍の高倍率で拡大して見ることができます。

耳鼻科、脳神経血管外科、眼科領域などでのマイクロスコープの使用には30年以上の歴史があり、アメリカでは、1998年に歯内療法(根管治療)専門医にはマイクロスコープの使用が義務付けられています。

しかしながら、日本において歯科領域で実用化されたのが1990年代以降であり、日本ではまだまだ、マイクロスコープを使用している歯科医院が数%と極めて少ないのも現状です。


トップへ » 初めての方へ » 精密な治療で大切な歯を残す


インターネット予約


TOP