トップへ » 初めての方へ » サージテルによる精密診療のメリット

サージテルによる精密診療のメリット

サージテルによる精密診療のメリット 拡大率はマイクロスコープのほうが高いのですが、マイクロスコープの使用には、拡大下での手指の動きなどのトレーニングが必要です。また、倍率が大きくなるにしたがって視野が狭まり、作業範囲が制限され、焦点深度が浅くなるので、技術力が必須です。

歯科診療においては、大きく見えることと作業性を両立させる必要があることから、一般的・日常的な臨床においては、サージテルのほうが有効なケースも多いのです。

メリット1:マイクロスコープ以上の利便性
サージテルはスタッフ全員が使用できるようトレーニングしており、チームとして精密な治療を達成できる体制を築いています。十分な焦点深度によって見たいものに瞬時にピントが合う、サージテルをつけたままでユニット間を移動できる、といったサージテルの利便性の高さにより、特別な治療だけでなく、日常的な治療のすべてを向上させることができます。

メリット2:必要かつ十分な精度の高い治療が実現
肉眼に比べて患部が詳細に確認できることから、精度の高い治療が可能となります。虫歯と健康な部分の境い目も確実に識別でき、虫歯部分が残ったり、必要のない箇所を削ったりしてしまうことがなくなるので、治療が正確かつキレイになり、虫歯や歯周病の再発を抑えることができます。

メリット3:虫歯や歯周病の早期発見も可能
サージテルの場合、拡大範囲が広いため、患部以外の場所も自然と目に入ってきます。結果として、患者さまがまだ自覚していないような、わずかな異常にも気づくことができます。

 


トップへ » 初めての方へ » サージテルによる精密診療のメリット


インターネット予約


TOP