トップへ » 初めての方へ » 自由診療と保険診療の違い » 日本の健康保険制度について

日本の健康保険制度について

自由診療と保険診療とは?

歯医者さんで自由診療を勧められると「費用が高くつく」「保険が効く治療で十分」と思われる方は少なくないと思います。昔から、『前歯は保険が効かない』とか『いい材料を使うと自費になる』という話を耳にしていたと思いますが、そういった治療部位や使用材料だけが2つの診療の差ではありません。

日本の保険制度とは
日本の医療制度は、国民のほぼ全員が加入し、国民の誰もがいつでも病院にかかれるということで「国民皆保険制度」と言われています。これは世界的にみてもとてもすぐれた制度で、その恩恵により、日本人の平均寿命は常に高いレベルで維持されていると言えます。

歯科の分野においても、この制度が作られた昭和30~40年ごろは「虫歯の洪水状態」に置かれていた多くの人々が救われました。安価な費用で、最低限の痛みを止める【治療】が受けられたからです。さらには、歯の神経を抜く、歯を抜く、入れ歯を作るといった【治療】も、すべて保険内で受けられました。

しかし現代においては、虫歯を削ることや歯周病で歯を抜くことよりも、「虫歯や歯周病にならないように予防すること」の方が重要視されています。ところが、こういった予防処置のほとんどは、残念ながら健康保険の適応外になっているのが現状なのです。


トップへ » 初めての方へ » 自由診療と保険診療の違い » 日本の健康保険制度について


インターネット予約


TOP