トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 妊娠期間中に口腔環境が悪化する理由

妊娠期間中に口腔環境が悪化する理由

妊婦さんの歯科治療妊娠中は、さまざまな理由によって「口腔内の環境が悪化しやすい」と言われています。まずは、その理由と症状を知ることから始めましょう。

妊娠中は...
●女性ホルモンが増加することで、歯周病菌の活動が活発化する
●体の免疫力が低下することに伴って、歯肉の免疫力が低下する
●だ液の分泌量が低下するため、口の中が乾きやすくなる
●だ液の酸の中和力が落ち、口の中が酸性に傾きやすい
●こまめに何度も食事をとるため、だ液による歯の再石灰化が間に合わない
●食生活が乱れ、栄養摂取が偏りがちになる
●つわりによって口腔清掃が十分に行えず、細菌性プラークが停滞する


トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 妊娠期間中に口腔環境が悪化する理由


インターネット予約


TOP