トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 母子感染について

母子感染について

妊婦さんの歯科治療生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯の細菌(ミュータンス菌)は存在しません。多くの場合、生後半年ぐらいで下の前歯が生え始めたころに、お母さんのお口の中にいるミュータンス菌がだ液を介して伝播していく(母子感染)ことによって、虫歯ができる環境が造られてしまうのです。

ミュータンス菌は、食べ物をお母さんが咀嚼してから赤ちゃんに与える「噛み与え」や、スプーンやお箸を親子で共有することによって伝わっていきます。そのため、お母さんがミュータンス菌を多く持っていれば、赤ちゃんに感染する確率や菌数が多くなる可能性があります。

つまり、赤ちゃんの健やかな歯を育てる第一歩は、お母さんのお口の環境をきれいにすることなのです。

一般的にミュータンス菌は、1歳7か月~2歳7か月の間に定着しやすいといわれています。離乳食から幼児食にあたるこの時期に、お母さんが正しい虫歯予防の知識を持って対処することが、大切なお子さまの健やかな歯を育てることにつながります。


トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 母子感染について


インターネット予約


TOP