トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 妊娠中の治療について

妊娠中の治療について

妊婦さんの歯科治療妊娠中の歯科治療では、お腹が大きく、治療中の仰向けに近い姿勢が苦しいという方もいらっしゃいます。その場合は、医師が立って治療するといった対応をすることで、妊婦さんが苦しくない体制で治療することが可能です。

また、つわりなどで口を開けているだけでも苦しいといった場合には、休憩を挟みながら少しずつ治療を行いますので、遠慮なくご相談ください。

薬・麻酔などの影響について
薬に関しては、適切な使用時期・使用量・使用期間を十分に考慮し、妊娠中や授乳期でも安心に使用できる抗生物質、炎症を抑える鎮痛剤を用います。

妊娠初期と妊娠後期には、別の意味で注意が必要です
切迫流産が起こりやすい妊娠初期(妊娠~4か月)は、ちょっとした刺激や体勢の変化など、いろいろなことが影響しやすいことから、歯科治療は控えたほうが安心です。

臨月が近くなる妊娠後期(8か月以降)は、急なお産で歯科治療を中断せざるを得なくなる可能性があるため、この時期になってからの治療も控えたほうが安心でしょう。心配なく通える安定期(5~7か月ころ)に、しっかり治療を終えておくことが望ましいと考えます。


トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療 » 妊娠中の治療について


インターネット予約


TOP