トップへ » 初めての方へ » 虫歯が進行した歯でも抜かない治療 » 抜歯しない治療方法【歯肉弁根尖側移動術】

抜歯しない治療方法【歯肉弁根尖側移動術】

歯肉弁根尖側移動術(しにくべんこんせんそくいどうじゅつ、APF)は、歯肉が狭い場合や歯周ポケットが非常に深い場合に行う外科手術です。この手術を行うことによって、歯肉を良好な状態に形成したり、歯肉を増加させたり、また歯周ポケットを除去したりします。

歯肉弁根尖側移動術次へ歯肉弁根尖側移動術

エクストルージョンが歯を引き上げるのに対して、AFPは歯肉を引き下げることで埋まっている歯を露出させ、セラミッククラウンなどの被せ物をするなどの適切な治療をします。そうすることで、歯を抜くことなく審美的にも優れた結果を得ることができるのです。

ただし、術後は歯根(歯の根っこ)部分が露出するために知覚過敏や虫歯になりやすいので、十分なプラークコントロールが必要です。

歯肉弁根尖側移動術が有効な場合
たとえば、虫歯が歯槽骨の近くまで達している場合、他院では抜歯してインプラントにしましょうと言われるケースが多くみられます。しかし、歯肉弁根尖側移動術では、歯肉の位置を引き下げて歯を露出させ、虫歯の部分を治療することで歯を保存できることがあります。この場合、必ずしもインプラントを行う必要はありません。

抜歯してインプラントを行う前に、まだできることがあります。お気軽にご相談ください。


トップへ » 初めての方へ » 虫歯が進行した歯でも抜かない治療 » 抜歯しない治療方法【歯肉弁根尖側移動術】


インターネット予約


TOP