トップへ » 初めての方へ » 痛みに配慮した治療 » できるだけ歯を削らない、抜かない治療

できるだけ歯を削らない、抜かない治療

痛くない治療当院では、痛みの少ない治療のためにも、なるべく削ったり抜いたりせず"生まれもった歯を大切にして可能な限り残すこと"を重視しています。

たとえば、虫歯を初期の段階で早期発見・早期治療できれば、削らずに治療を終えられるケースもあります。逆に、虫歯が進行してしまうと、削らなければならない範囲が広がり、患者さまの負担が大きくなるので、健康な歯を健康なまま守るために定期検診をお勧めしています。

「削る・抜く」が必要な際には、しっかりとご説明、ご相談いたします
どうしても削らなければならない場合には、その必要性をご説明した上で、必要最小限だけ削り、虫歯を残すことによるリスクを排除します。抜歯が必要なケースも同様に、温存できない理由をきちんとご説明し、患者さま同意の上で抜歯を行います。

状態によって「抜いた方が噛みやすくなるケース」もありますし、無理な状態を保持することで、口腔内の環境がより悪化してしまう可能性もあります。つまり、削ったり抜いたりすることのリスクと残すことのリスク、どちらのほうがより重いかを見極めて対処させていただくということです。

歯を抜いたときと抜かなかったときのメリット・デメリットなどをきちんとお伝えしますので、納得できるまでご検討ください。もちろん、大切な歯を可能な限り残すための努力は怠りませんので、治療についてのご要望があれば、お気軽にご相談ください。


トップへ » 初めての方へ » 痛みに配慮した治療 » できるだけ歯を削らない、抜かない治療


インターネット予約


TOP