トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療は専門医・指導医へ » 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

歯周病は、歯を支えている骨や歯肉の病気で、家に例えると、家の土台が柱や家屋を支える力を失うことです。そうなると、家屋全体がグラつき始め、やがては倒壊してしまいます。同じように、歯周病では、歯の土台である歯槽骨がだんだん減っていき、ついには歯が抜けてしまいます。

歯垢が石灰化して歯石になると、歯石が付着した歯と歯肉の間に隙間(歯周ポケット)ができ、炎症を起こします。この炎症が歯肉内部にまで進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失うことになるのです。

厚生労働省の調査では、成人の7~8割が歯周病にかかっていると報告されています。つまり、軽度のものも含めると、40歳以上では5人中4人は歯周病患者。初期にはこれといった症状がほとんどないため、症状が現れたころには既に手遅れになっているケースが多いのです。

歯周病対策は日頃のケアから周病対策は日頃のケアから
歯周病にかかっていると、歯のグラつきや歯ぐきの腫れといった自覚症状が現れる以前の初期であっても、細菌が増加している関係で口臭が強くなります。ふとしたときに急に気になったり、仕事や面接など、大事なシーンで困ったりしないよう、日頃からケアを心がけておきましょう。

また、定期検診を受けることも大切です。自覚症状のない初期段階で歯周病を発見し、早めのケアで重症化を回避できたり、症状が緩和したあとの定期的なメインテナンスが再発防止につながったりと、定期検診の役割は甚大。毎日の歯みがき同様、定期検診を「習慣化」することをお勧めします。

当院の予防歯科の詳細はこちら


トップへ » 初めての方へ » 歯周病治療は専門医・指導医へ » 歯周病とは


インターネット予約


TOP