トップへ » 初めての方へ » 自由診療と保険診療の違い

日本の健康保険制度について

自由診療と保険診療とは?

歯医者さんで自由診療を勧められると「費用が高くつく」「保険が効く治療で十分」と思われる方は少なくないと思います。昔から、『前歯は保険が効かない』とか『いい材料を使うと自費になる』という話を耳にしていたと思いますが、そういった治療部位や使用材料だけが2つの診療の差ではありません。

日本の保険制度とは
日本の医療制度は、国民のほぼ全員が加入し、国民の誰もがいつでも病院にかかれるということで「国民皆保険制度」と言われています。これは世界的にみてもとてもすぐれた制度で、その恩恵により、日本人の平均寿命は常に高いレベルで維持されていると言えます。

歯科の分野においても、この制度が作られた昭和30~40年ごろは「虫歯の洪水状態」に置かれていた多くの人々が救われました。安価な費用で、最低限の痛みを止める【治療】が受けられたからです。さらには、歯の神経を抜く、歯を抜く、入れ歯を作るといった【治療】も、すべて保険内で受けられました。

しかし現代においては、虫歯を削ることや歯周病で歯を抜くことよりも、「虫歯や歯周病にならないように予防すること」の方が重要視されています。ところが、こういった予防処置のほとんどは、残念ながら健康保険の適応外になっているのが現状なのです。

真の意味での治療とは

自由診療と保険診療の違い歯科保険制度の中心をなすのは、未だに「歯を削って詰めること」「痛くなったら神経を抜くこと」「悪くなった歯を抜いて入れ歯を作ること」などであり、これらが【治療】と呼ばれています。しかし、少し掘り下げて考えてみると、ここまでに【治療】と記したことは、実は「真の意味での治療行為ではない」と言えます。

治療であるならば、文字どおりに病気が治らなければならないはずですが、歯を削って詰めても、隙間から虫歯が再発するようでは治ったことにはなりません。しかも、通常同じ歯を5回再【治療】すると歯の傷は大きくなり、その歯は抜かなくてはならなくなる(sheiham,1994)と言われています。

ましてや、グラグラになってしまった歯を抜く行為は「除去」であり「治す行為」ではないのですから、「歯周病の治療」とは言えないのです。

私たち歯科医師は、常に「自分が受けたい歯科治療」「自分の家族に受けさせたい歯科治療」とは何かを考えます。そのときに最も重要に思うことは、「一度治した歯が、ずっといい状態で長持ちすること」です。それこそが「真の意味での治療」ではないでしょうか。

『丁寧』『慎重』『確実』な治療を目指して

自由診療と保険診療の違い今の日本の健康保険では『時間』に対する評価はありません。 たとえば1本の虫歯を治療した際に、じっくり1時間かけて治療しても、または10分で済ませても、保険診療においてはその治療費に差が生じることはないのです。

赤字覚悟のボランティアであれば、保険診療でもそういった時間をかけた丁寧な治療が可能かもしれません。しかし、医院を維持するために必要な採算性を度外視できない現実があり、低い保険の評価の中では良質な医療を提供するのに限界があると言えます。

ここが、自由診療(保険外診療)を選択された場合に大きく異なる点です。私たちのクリニックでは、治療にかける時間はあくまでも「その歯にとって理想的な治療の行程に必要な時間」の総計で決めています。

保険診療の限界
虫歯の取り残しがないように『丁寧』に、歯を削り過ぎないように『慎重』に、虫歯が再発しないように『確実』に。こうした治療の実現には、虫歯1本に対して最低でも1時間から1時間半程度のご予約を確保させていただいています。

また、根だけしか残っていない状況の末期的な歯を、根管治療で抜かずに残すためには、一度に2時間以上の治療を行うこともあるのです。そして、それだけの時間をかけてこそマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)などを効果的に活かすことができ、精密な修復処置が成功するのです。

大切なのは、こうした時間の制約のない『丁寧』『慎重』『確実』といった治療を行うことで、初めて二度と再治療が必要な状況を起こさない健康状態を取り戻し、歯を長く持たせることが可能になってくるということです。

『保険と自費の違いは、治療する部位や詰めたり被せたりする材料の違いだけ』という誤った認識が蔓延しています。もちろん、材料や使用する機器などが違うことも事実ですが、それだけではなく、こうした『時間』の要素が実は大きなウエイトを占めているということを、ぜひ皆さまに知っていただきたいと思います。

そして「より良い治療、より確実な治療とは何か」をお考えいただき「将来にわたって、長く快適に過ごすための治療」を受けていただけると幸いです。


トップへ » 初めての方へ » 自由診療と保険診療の違い


インターネット予約


TOP