トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療

生まれてくる赤ちゃんの歯を守る妊婦さんの歯科治療

妊婦さんの歯科治療

妊婦さんにとっての歯科治療は、生まれてくる赤ちゃんの歯を守るためにも重要です。ところが、「麻酔やレントゲンが赤ちゃんに良くないのでは?」「お腹が大きくなると診察台に乗るのがつらい」など、間違った認識や不要な心配から、歯科治療がおろそかになってしまうケースが多く見られます。

また当院では、心配無用ではあっても、お母さんの気持ちを大切にして、麻酔やレントゲンはなるべく使わないよう配慮しています。さらには、体を冷やさないようにタオルケットをかけたり、診察台はゆっくり倒すようにするなど、慎重で丁寧な対応を心がけていますので、ご安心ください。

妊娠期間中に口腔環境が悪化する理由

妊婦さんの歯科治療妊娠中は、さまざまな理由によって「口腔内の環境が悪化しやすい」と言われています。まずは、その理由と症状を知ることから始めましょう。

妊娠中は...
●女性ホルモンが増加することで、歯周病菌の活動が活発化する
●体の免疫力が低下することに伴って、歯肉の免疫力が低下する
●だ液の分泌量が低下するため、口の中が乾きやすくなる
●だ液の酸の中和力が落ち、口の中が酸性に傾きやすい
●こまめに何度も食事をとるため、だ液による歯の再石灰化が間に合わない
●食生活が乱れ、栄養摂取が偏りがちになる
●つわりによって口腔清掃が十分に行えず、細菌性プラークが停滞する

妊娠中に起こりやすいお口の症状

妊婦さんの歯科治療上記のような理由によって、次のような病気が発生しやすくなります。特に「妊娠性歯肉炎」は、胎児の健康状態にも悪影響を与えやすいので、妊娠前から歯のケアに気をつけておくことが望ましいでしょう。

妊娠性歯肉炎
妊娠中は、女性ホルモンの分泌が約7倍になるため、このホルモンを好む歯周病菌が増えることによって、歯肉炎になりやすくなります。妊娠2~3か月ころから症状が見られるようになり、妊娠中期になると歯肉が腫れたり、出血することがあります。

放置すると悪化し、本格的な歯周病になってしまうので注意が必要です。特に歯周炎をもっている妊婦さんは、早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告がなされているので、十分に注意してください。

妊娠性エプリーズ(歯ぐきにできるもの)
歯ぐきに現れる良性のできもので、歯肉が大きく膨らんでコブのようになります。主に妊娠3か月以降に見られる症状で、原因は女性ホルモンの不均衡や増加によるものと考えられていますが、出産後に自然となくなる場合が多いので、あまり心配はいりません。

虫歯
「妊娠すると急に虫歯が増える」というのが、すべての妊婦さんに当てはまるわけではありませんが、生理的変化・生活習慣の変化によって口腔環境が悪化することから、虫歯になりやすい状態にあるのは確かです。

虫歯になってしまったときは、初期段階での治療が大切です。定期的に歯科検診を受けるようにするなど、早期発見を目指しましょう。

母子感染について

妊婦さんの歯科治療生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯の細菌(ミュータンス菌)は存在しません。多くの場合、生後半年ぐらいで下の前歯が生え始めたころに、お母さんのお口の中にいるミュータンス菌がだ液を介して伝播していく(母子感染)ことによって、虫歯ができる環境が造られてしまうのです。

ミュータンス菌は、食べ物をお母さんが咀嚼してから赤ちゃんに与える「噛み与え」や、スプーンやお箸を親子で共有することによって伝わっていきます。そのため、お母さんがミュータンス菌を多く持っていれば、赤ちゃんに感染する確率や菌数が多くなる可能性があります。

つまり、赤ちゃんの健やかな歯を育てる第一歩は、お母さんのお口の環境をきれいにすることなのです。

一般的にミュータンス菌は、1歳7か月~2歳7か月の間に定着しやすいといわれています。離乳食から幼児食にあたるこの時期に、お母さんが正しい虫歯予防の知識を持って対処することが、大切なお子さまの健やかな歯を育てることにつながります。

妊娠中の治療について

妊婦さんの歯科治療妊娠中の歯科治療では、お腹が大きく、治療中の仰向けに近い姿勢が苦しいという方もいらっしゃいます。その場合は、医師が立って治療するといった対応をすることで、妊婦さんが苦しくない体制で治療することが可能です。

また、つわりなどで口を開けているだけでも苦しいといった場合には、休憩を挟みながら少しずつ治療を行いますので、遠慮なくご相談ください。

薬・麻酔などの影響について
薬に関しては、適切な使用時期・使用量・使用期間を十分に考慮し、妊娠中や授乳期でも安心に使用できる抗生物質、炎症を抑える鎮痛剤を用います。

妊娠初期と妊娠後期には、別の意味で注意が必要です
切迫流産が起こりやすい妊娠初期(妊娠~4か月)は、ちょっとした刺激や体勢の変化など、いろいろなことが影響しやすいことから、歯科治療は控えたほうが安心です。

臨月が近くなる妊娠後期(8か月以降)は、急なお産で歯科治療を中断せざるを得なくなる可能性があるため、この時期になってからの治療も控えたほうが安心でしょう。心配なく通える安定期(5~7か月ころ)に、しっかり治療を終えておくことが望ましいと考えます。

生活習慣に取り入れられるセルフケア

妊婦さんの歯科治療お口の環境を改善し、きれいに保つためには、日々のケアも大切になります。私たち歯科医師は、定期検診や治療で口腔内の環境改善に努めますので、お家では、下記のようなことに留意して、お母さん自身と赤ちゃんの大切な歯を、一緒に守っていきましょう。

食後に水を飲む
食後に水を飲むと、口内の雑菌や虫歯菌の繁殖を抑えることができ、再石灰化にも役立つだ液の分泌量を増やすことにもつながります。

フッ素やキシリトールを活用する
フッ素は、初期虫歯の再石灰化を促してくれます。そして、そんなフッ素の働きを助けてくれるのがキシリトールなので、フッ素やキシリトールが配合された歯みがき粉や、歯みがき後に塗るジェルなどを使用することもお勧めです。

また、食後にキシリトール入りのガムやタブレットを噛むだけでも効果があります。つわりで歯みがきがつらいときや、積極的にミュータンス菌を減らしたい方は、食後にガムを噛むようにしましょう。

効果的な噛み方のポイントは、ガムやタブレットを口に入れたとき、最初に分泌されただ液をすぐには飲み込まず、口の中をぐるぐると回すようにすることです。目安はだいたい2分間。こうすることによって、口腔内のミュータンス菌にキシリトールが行き渡ることになります。

生活に注意する
赤ちゃんの歯は、妊娠中の胎児の時期に、その歯ぐきの中で作られています。早いものは妊娠初期から作られ始めますので、この時期はタンパク質だけでなく、ビタミンA・B・Cや、カルシウムなどをバランスよく摂取することで、大切な赤ちゃんに「強い歯」をプレゼントしてあげましょう。


トップへ » 初めての方へ » 妊婦さんの歯科治療


インターネット予約


TOP