トップへ » 初めての方へ » お子さまの矯正

お子さまの矯正治療を始める時期を見極めましょう

お子さまの矯正

治療のタイミングを逃してしまうと、骨格などにズレが生じます。また、成長してからでは矯正治療が難しくなり、治療期間もそれだけ長引きます。適切な時期を見極めるためにも、乳歯列が生え揃ったあとから永久歯が完成するまでの間ぐらい(一般的には6歳から7歳にかけて、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期となります)を目安にして、ご相談いただくとよいでしょう。

また、顎の変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をいただければと思います。理想的には成長上にアンバランスの芽が出始めたころから何らかの対策を講じることをおすすめしています。

上記でもお伝えしたように、矯正治療はお子さまのうちに受けていただくことが肝心です。当院では矯正に関する無料相談日を設けてブログでお知らせしています。お子さまの歯並びや噛み合わせが不安だなという方は、お気軽にご利用ください。

矯正相談ブログはこちら

矯正を始める前に大切なこと
矯正中は、どうしてもむし歯になりやすいため、カリエスリスクのコントロールが重要となります。少なくとも、矯正をスタートさせる前に、今あるむし歯はすべてしっかり治しておくことが必要です。

小児矯正の流れ

ステップ1/第1期治療(学童期) 小児矯正の流れ
第1期治療とは、本人の成長力を引き出すことで、大きな効果が期待でき、幅広い治療が可能な時期です。第1期治療がうまくいくと第2期治療では永久歯を抜かずに治療ができる可能性がグッと高くなります。

また、ケースによって第2期治療は不要になることも考えられます。

次へ

ステップ2/第2期治療(中学生以降)小児矯正の流れ
大人の矯正と同じになります。上下すべての歯にブラケットを装着し、全体の噛み合わせを改善し、仕上げる治療となります。

※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療からとなります

当院の矯正歯科についての詳細はこちら

目立たない矯正装置

目立たない矯正装置歯列が気になっていても「矯正のギラギラした装置はちょっと...」と敬遠してしまう方も多いのではないでしょうか?そういったことが気になるのは、お子さまも同様です。

当院では、目立ちにくい素材を使用したワイヤー矯正を行っています。透明なブラケットと白いワイヤーを使うことで、歯に近い色合いになりますので、あまり目立つこともなく、快適な学園生活を送れることと思います。歯並びが気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。


トップへ » 初めての方へ » お子さまの矯正


インターネット予約


TOP