トップへ » 初めての方へ » 安全なインプラント治療

より安全に配慮したインプラント治療を

安全なインプラント

失ってしまった歯を補う治療法として「インプラント」があります。インプラントは隣の歯を削ることがなく、周囲の歯に負担がかかりません。また、入れ歯のように取り外しの必要もなく、見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。

しかし、残念ながらインプラント治療のトラブルも起きていることも事実です。十分な経験や知識、医院設備などが伴わないまま治療を行った結果、医療事故やトラブルを起こてしまったケースも少なくありません。

当院では、患者さまに安全で快適なインプラント治療を提供するため、歯科医師の技術と経験、スタッフ個々の知識の研鑽やスムーズな連携、院内設備の充実、滅菌対策、更に術後のメインテナンスにいたるまで、医院全体のレベルアップを図り、より良い治療の充実に努めております。

院長は国際口腔インプラント学会認定医です。

院長は国際口腔インプラント学会の認定医を取得し、より安全なインプラント治療を患者さまに行えるよう、最新の情報を収集することはもちろん、技術の研鑽をしています。

【国際口腔インプラント学会について】

一般社団法人・国際口腔インプラント学会とは、歯科医療の発展に寄与する事を目的として、著名な先生達、歯科医師達、その他医療関係者達が一丸となり日々研鑽を重ねている学会です。

ヨーロッパにて最大最古の歴史を持つインプラント学会「DGZI」の日本支部を併設しているのも大きな特徴のひとつです。DGZIはドイツを本拠地として本国に4,000名、全世界に12,000名以上の会員を有する学会であり、DGZIドイツ本部で取得出来る「Oral Implantology Specialist」と「Expert Implantology」の認定は、インプラント専門医として、大きな信頼と社会的な評価を受けられる大変名誉な称号となっています。

インプラントを受ける患者さまの利益と安全を常に考えることを念頭に、学会員には知識の向上ができる場が提供され、歯科医療の発展に大きく寄与することも目標としてされています。

●国際口腔インプラント学会HP

CT撮影・シュミレーションの重要性

インプラントかなもり歯科クリニックでは、インプラントを埋入するすべての患者さまに歯科用CTによる診査診断を行なっております。

インプラント治療を安全に行う上で最も大切な事は、神経・血管など既存の組織を傷つけないように適切なインプラントの長さ/大きさ/追加手術を選択する事です。


●ポイント
医院内に歯科用CTを完備することによって、大学病院等の外部施設での撮影を行う必要がなくなります。これによって患者様への負担も大幅に減らすことが可能です。

インプラント以外の治療にもCT撮影の費用を抑えることで、インプラント以外の治療にも応用が出来より安全な歯科医療をご提供することが出来るようになります。

インプラント治療の評価 オステル ISQ

インプラントオステルISQ値とは、インプラントと骨がどのくらい結合しているのかを数値化して表示してくれる機器です。そのため、手指の感覚や経験に頼ったあいまいな判断ではなく、誰が計測しても一定の基準で判断を下す助けになります。

CT診断と同様にインプラント1次手術時、2次手術・負荷開始時、メインテナンス期間中の測定を行っております。

かなもり歯科クリニックでは、安心・安全なインプラント治療と長期的な予後の観察のため、オステルISQを活用しております。

滅菌対策

安全なインプラント治療当院では、使用するミラーやピンセットなど、滅菌できるものはすべて高圧蒸気滅菌器で滅菌しています。そして、滅菌できないものはディスポーサブル(使い捨て)を徹底するという絶対的な滅菌環境を維持することで、感染症に強く留意しています。

感染予防対策は「病気の方が健康になるため」「健康な方がより健康になっていただくため」に必ず必要な対策です。処置の内容により、前日から、使用する器具をパックしてお待ちしております。キャンセル・変更ができるだけないよう、ご協力ください。

また、オペはスタッフ4名態勢で行うことにより、早くて安全、万全な治療を実現しています。

医院全体のレベルを上げて、患者さまの不安や疑問を解消

安全に配慮したインプラント治療患者さまが心配する症例に対しても勉強会を行っています。基本的には、スタッフの技術や使用する機器・機材をレベルアップすることで、患者さまの体に負荷をかけない治療を目指しています。

今後も、現状に満足することなく、メインテナンスの拡充や手技と知識の研鑽を続け、さらには、治療に有効な機器・機材の導入も図り、よりよい治療の実現に努めていきたいと考えています。

当院のインプラント治療の詳細はこちら

審美的なインプラントにも対応

どの歯がインプラント?右の写真ではどの歯がインプラントかわかりますか?
目立つ場所、特に前歯のインプラントを行うときは、歯ぐきの見え方など美しさの観点から慎重に処置をしなければなりません。

どの歯がインプラント?結果として自然な見た目に回復することができました。安全第一は基本中の基本。当院では見た目も考慮したインプラント治療を心がけております。

その他の症例集はこちら


トップへ » 初めての方へ » 安全なインプラント治療


インターネット予約


TOP